世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランウータンに会える村

“オランウータン” が生息するのは、
世界でボルネオ島とスマトラ島だけだそう。

『飛行機のチケットが安かった』というだけの理由で
来てしまったスマトラ島でしたが(笑)、
せっかくなので、『是非、オランウータンに会いたい!!』と思い、
飛行機が到着した【メダン】から、バスに揺られること4時間
ジャングルの中にある小さな村【ブキッ・ラワン】にやってきました!

DSCF2611.jpg
【ブキッ・ラワン】村の入り口。
どーです!みずみずしく爽やかなこの景色!
ひと目見ただけで、とーっても気に入ってしまったヮヽ(*´∀`)ノ♪



そして、ワタシたちが選んだお宿は、こちら!
【GARDEN INN】
DSCF2616.jpg
オーナーのウジャイさんは、
15年前まで5年間も日本で暮らしていたそう。
(日本語も少し話せます)
日本人のお客さんはほとんど来ない…とのことで、
ワタシたちの来訪をとても歓迎してくれて、
値切る前から、1泊Rp.70000(700円)のところ、
Rp.60000(600円)に値引きしてくれました。



P1160079.jpg
名前の通り、手入れの行き届いた
素敵なお庭に囲まれたお宿なのダ♪


宿の目の前には、川が流れていて、
その向こう側はすぐに、剥き出しのジャングル
ここは、大自然の中にあるオアシスのような村だッ♪

ジャングルの中にあるのに、
ちゃんと電気も通っているし、
宿も快敵だし、物価も安いし♪
そして、なにより、人の素朴な優しさが最高~♪
初対面なのに、昔からの友人のように迎え入れてくれる、
このあたたかさに感激しちゃった!

こういう場所(田舎の観光地)って、
何処の国でも、旅行者と見れば「金・金・金」となりがちなのに。
ここの人達からは、そういう、イヤらしい下心がまったく感じられない。
これって本当に、素晴らしいことだなぁ~(人´∀`)★

タイ、マレーシア…とここ最近、
コンクリートと雑踏にまみれた殺伐とした生活に
うんざりしていたので、
楽園のような【ブキッ・ラワン】に癒されるぅ~ヽ( ´¬`)ノ

あまりの居心地の良さに、
オランウータンを見に行くツアーに、
すぐに参加する気になれなくて
しばらくゆっくりしちゃった。(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

もちろん!
ちゃんとジャングルトレッキングにも
行ってきましたよー!

一般的な1泊2日のトレッキングに参加。
ガイド食事(4回)チューブラフティング付のプランで
1人8000円。

ツアー参加時に一番気になるのは、
一緒に参加するメンツ。

ワタシたちが今回、一緒になったのは、
イギリス人カップルのアンディ(♂)とキャロリン(♀)。
とってもフレンドリーで素敵な人たちだったし、
4人という少人数だったから、一安心。

彼らもワタシ達と同じように
2年位、いろんな所を旅をしているんだって。
そんなわけで話しも合ったし、ね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ジャングルの中は、よっぽど暑いだろぉ~って思ってたけど、
木々で覆われているために、
意外にも、村より全然涼しい!

P1160175.jpg
道なき道を行く…というわけではなく、
トレッキングルートを歩くので、
思っていたよりは歩きやすかったな。


それでも、アップダウンが激しいし、
土はぬかるんでいる所が多いし、
決して楽じゃなかった~(´Д`;) !!

途中、ヘビとか出てきたら嫌だな…と心配してたけど(笑)、
意外に、ジャングルの中って、
動物と遭遇しないのね。

むしろ、物足りないほど動物がいない!!

彼らは警戒心が強いので、人の気配がすると、
たいていの動物達は
遠くに離れてしまうんだって。

P1160166.jpg
これはゴムの木。
こうやって木の表面に切り目をいれて、
ゴムの液を採取するんですねぇ。


ジャングルの中を歩くこと2時間。
「アリんこしかいないじゃん!」なんて
不満を漏らし始めた矢先。

ガイドが「静かにっ!」と皆を制して、
密林の上のほうをうかがっています。

すると…
奥の方の木々がゆっさゆっさと
音を立てて激しく揺れるのが見えた。

オランウータンだーっ!!!
(シーッ!!!静かにッ!!!)

このあたりのオランウータンは、
人間に慣れていて、
ガイドが木々をたたいて合図を送ると
向こうから近づいてきます。

あっと言う間に、
ワタシ達の目の前に姿を現した。
P1160208.jpg
すごい早さでグングン近づいてきたョ!
思ったよりもデカくて、ち、ちと怖い…(汗)


ガイドが持ってきてたバナナをあげてみる。

P1160216.jpg
こんなに近くまでやってきて、
そぉ~っと優しく手を伸ばしてきます(*・∀・)カ、カワイイジャン!!


ワタシの手からも、
バナナを受け取ってくれたよ。

おじいちゃんの手みたいに、
シワくちゃの手だけど、優し~い感触♪

P1160273.jpg
このオランウータン、
小脇に赤ちゃんを抱えている、
お母さんオランウータンだった。


P1160241.jpg
正面へくると、けっこうな大きさ!
人に慣れているというだけあって、
写真撮られても全然動じない。(笑)


みんなからバナナをもらい終えると、
また、あっと言う間に、
木の上の方へと帰っていっちゃった。

P1160280.jpg
オランウータンはマレー語で「森の人」という意味なんだって。
大きな体とは不釣合いなほど、
身軽にスルスルスル~っと
ジャングルの中を自在に動き回る彼らは、
さすが「森の人」っていう感じ!


まさか、ここまで近くで見れるとは思っていなかったから、
超感激~ッ (*・∀・)♪♪♪

しかも、手まで触っちゃったもんね~♪


興奮冷め止まぬ中…
そろそろ、ランチタイムです!
DSCF2662.jpg
ガイドが、お弁当にして持ってきてくれていた
代表的インドネシア料理「ナシゴレン」。
インドネシア流のチャーハンです。
ワタシの大好物(*´ー`)♪


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

その後、体長1mくらいあるトカゲを遠目に見た程度で、
これといった動物に会わないまま、
今日のキャンプ地に到着。
約6時間のトレッキングでした。
アンディとキャロリンは余裕そうだったけど…
ワタシたちは、もぉヘトヘト(´Д`;)

P1160356.jpg
こちらが今夜の寝床。
テントって聞いてたけど、半屋外じゃん…(笑)
(手前側は全面オープン!状態です。)


P1160329.jpg
いっぱい汗かいた後は、
キャンプ地の前に流れる川でひと泳ぎ!
超、気持ちいいぃ~~~♪


P1160357.jpg
ワタシたちのガイドをしてくれたカメルさん。
一仕事終えて、彼も一緒に川泳ぎを満喫。


P1160354.jpg
ワタシたちが川遊びをしている間に、
せっせと夕食の準備をしてくれるコック。
(彼のごはんは、めちゃめちゃ美味しかった!)
彼は料理を作った後、一旦、村へ戻り、
また翌朝、朝食を作りに来てくれた。
ご苦労サマです!
※写真は朝食を作ってくれてる時のもの。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

そして、2日目。

朝、起きたら。
カラダ中がヤバイ位、痛い!!!
立ったり座ったりするのにも、
悲鳴をあげたくなるほど、ひどい筋肉痛…。

朝食を食べた後、
2時間ほど周辺をトレッキングするっていうのに、
大丈夫かな…(´-ω-`;)ゞ

1時間位かけて、ゆっくりストレッチを続けてみたら、
だいぶ良くなったけど。
その後のトレッキングは地獄だったね…。
結局、何も動物見れなかったし┗(;´Д`)┛

帰りは 『もう一度ジャングルを歩きながら帰るコース』と、
『ラフティングをしながら川から帰るコース』
事前に選べたんだけど、
ラフティングコースにしておいて、
まじ、良かった!!!(笑)

P1160358.jpg
ワタシたちのラフティング用のチューブタイヤを
あのジャングルの中、運んできてくれたおじさん。
さすが地元の人はすごいッ! 
ありがとうございます!!!


そして、このタイヤをつなぎ合わせて…、

P1160429.jpg
ジャーン!
タイヤがいかだに大変身!


そして、こ~やって乗って、
村まで帰れるわけです♪
↓↓↓↓↓

P1160338.jpg
この写真は他のグループの人たち。
楽しくて、気持ち良さそうでしょ(*´ー`)?



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


思っていたほど、
動物たちには会えなかったけど、
ジャングルって、そういうもんみたいね。

野生の彼らは、
警戒心が強いからね。

それでも、大本命のオランウータンには
超間近で、しっかり会えたから大満足(*´∀`)!

ジャングル歩きは、
かなりしんどかったけど…いい経験です。
(もう、二度と行けないな…汗)


【ブキッ・ラワン】、すんごいいい所でしょ?
欧米人は老若男女、
いろんな人たちが沢山遊びに来てるのに…。
日本人にはあんまり知られていないなんて、
勿体ない!!!

村には、
野生のオランウータンに餌付けをしている
【フーディングセンター】という場所もあります。

体力に自信の無い人は、
ジャングルトレッキングに行かなくても、
そこでオランウータンを見ることもできるョ!

飛行機の到着する【メダン】からタクシーでも来れる距離だし、
宿のレベルも悪くないし、
バックパッカーじゃない旅行者にも
十分オススメできる場所です!

皆さん、次のお休みに、いかがですかー?

…ハッ!
ついつい、観光局の回し者みたいになっちゃったヮ (=´▽`)ゞ


スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

コメント

オランウータンがす、す、すごい近い!!
「森の人」って意味に何だか感動しちゃったよ。
赤ちゃんを小脇に抱えたお母さんかわいいし♩
帰りはタイヤに乗ってドンブラコ~ドンブラコ~で
帰って来たのね。←乗ってみたい!
こんなアトラクションあったら乗りたい!!!

  • 2009/12/12(土) 00:23:29 |
  • URL |
  • そらまき #-
  • [ 編集 ]

★そらまきちゃんへ

オランウータンって、名前はよく知ってたけど、
そういえばあんまり見たことないな…って感じでさ。
なんつーか、新鮮だったな~!
近くで見ると、本当可愛かったぁ~!!
結構しんどいトレッキングだったけど、
めちゃめちゃ楽しい経験でしたん♪

  • 2009/12/18(金) 14:42:50 |
  • URL |
  • cano #-
  • [ 編集 ]

ご無沙汰。
有馬記念負けました。
今年ももう終わりです。
良いお年を!!

  • 2009/12/27(日) 17:33:25 |
  • URL |
  • MIYAKEN #-
  • [ 編集 ]

新年

あけましておめでとうございます。

体調に気をつけて今年もハッスルしてください。

バリで日本人が殺されたみたいですから気をつけてね。

今年もヨロシク。

  • 2010/01/01(金) 09:10:30 |
  • URL |
  • MIYAKEN #-
  • [ 編集 ]

★MIYAKENへ

有馬で厄落としですか。(笑)
一年間お疲れ様でした!!!

  • 2010/01/18(月) 15:42:30 |
  • URL |
  • cano #-
  • [ 編集 ]

★MIYAKENへ

遅れてスンマセーン。
明けましておめでとう!!
いよいよ本当に旅も最後になりましたッ。
そろそろ帰国する気分になってきたので、
帰ったら飲みましょう♪
今年もよろしく!

  • 2010/01/18(月) 15:44:28 |
  • URL |
  • cano #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabilifecanodiary.blog62.fc2.com/tb.php/126-f68ee803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。