世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウブド散歩



緑あふれる自然に囲まれた【ウブド】は、
バリ島の中でも芸能・芸術の町」として名高い地。

実は、ワタシはウブドが大~好きで、
今回で5年ぶり、4度目の訪問になります。

青々としたライステラスが気持ち良~く広がり、
人々もどことなくのんびりしていて、
「町」というよりはむしろ「村」と呼ぶにふさわしい。
そんなのどかさが「ウブド」の魅力のひとつだったのですが。。。

2009年11月のウブドは、
中心地は無数の車とバイクでひしめきあい、
市場や王宮の目の前は大渋滞!
あんなに空気の良かった村が、
今ではむせ返るほどの排気ガスで息苦しい…┗(;´Д`)┛

両脇に並んでいたオープンエアのお土産屋さんは、
ウィンドーガラスのあるブティックに姿を変えていた!
以前通った、絵画のお店がどこにあるのか、
いや、それどころか、まだあるのかさえよくわからない。

あっちゃぁ……
まるで知らない町に来たみたい!!!

これにはかなりのショックを受けた。
5年でこうも変わるんだぁ。。。

「バリ島の変化は凄まじい!」
改めてそう思ったね。

はあぁぁぁ、、ショックぅ… (´-ω-`;)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さてさて。
気を取り直して!

ウブドに来たら、まずは「ジャランジャラン」しなくちゃ♪
インドネシア語で「お散歩」です!

中心地エリアは、
ブラブラ歩いていたらバイクや車にひかれそうなので、
もう少し離れた場所に足を伸ばしてみることに。
そこにはまだまだ「ウブド」らしい
のどかな風景が残っていましたヨ。(ホッ!)

チャンプアンと呼ばれるエリアは
絶好のお散歩コース!
DSCF3106.jpg
小高い丘の上にある遊歩道にはバイクも来ないし、
散歩を邪魔する、ガラの悪い野良犬たちもいない♪
この道の両脇は、渓谷になっていて
360度グリーンのパノラマが楽しめます。


DSCF3101.jpg

DSCF3105.jpg
向かい側には高級リゾートのヴィラが建ち並んでいます。

DSCF3116.jpg
そうそう!これこれ!
これこそが、「THEウブド」な風景なのですよ~。
やしの木&田んぼ。
日本には無いこのコントラストがいいよね♪


DSCF3123.jpg
こんな風景を見てると、自然と気持ちが和んじゃう。

DSCF3114.jpg
いかにも南国な、面白い植物だねぇー。

少し歩き疲れたなぁ…って頃に、
タイミング良く現れたカフェで休憩にしましょ (*´ー`)

DSCF3127.jpg
そよ風に吹かれて、
ライステラスを眺められるカフェなんて
最高に気分いいね♪


DSCF3130.jpg
とろりと冷えたマンゴージュースが
これまた至福じゃ~♪♪



バリ島では、民家エリアのお散歩も楽しいヨ!
P1170543.jpg
ひょろりと高~くあがる飾りは、長い竹と笹で作られてる。
どの家の前にも飾られているので、
通りはお祭りのよう!


立派な門を構えている民家がたーくさん!
DSCF3050.jpg
これ、ホテルの前じゃないですよ。
一般のお家の門です。
きっとお金持ちなんでしょうけど、格好いいょねえ!!


お散歩していると、
こんな愛嬌のある石造たちにたくさん出合います。
DSCF3150.jpg
DSCF3149.jpg

民家の前でも、ほら。
DSCF3152.jpg
石造に布を巻いたり、
耳にお花を挿したりするのもかわいい♪



バリ島の人々は、
世界で唯一の「バリヒンドゥー」という宗教を信仰していて、
それはそれはとても信心深い生活を送っています。

DSCF2962a.jpg
お寺へお供え物を運ぶ女性。

DSCF4007.jpg
こちらはチャナンと呼ばれるお供え物。
毎日1日3回、お寺や家、庭、道路etc…
あらゆる場所に置くのが習慣です。


東京都の2.6倍の面積といわれる島内には
数万のバリヒンドゥー寺院があるそうです。
DSCF2958.jpg
小さな町中にあるような名も無い(あるのか!?)、
小さなお寺でも、とっても立派!


P1180073.jpg
石造に苔が生えていたりして、
まるで遺跡のような重厚さを感じます。
カッコイイなぁー!


P1180080.jpg
お寺の中はいたって質素。
同じヒンドゥーでも、インドのそれとは大違い!
「文化」は民族の性質を表すのねぇ~。



そして、忘れてはいけないのが、
ウブドといえば、芸術の地!

小さな頃から、男の子は楽器、女の子は舞踊を学びます。
そして他にも、彫刻をやる人がいて、
絵を描く人もいます。
地元民の一人ひとりが芸術家なのです。

宿のおじさんが、彫刻家だったり、
食堂のおじさんが、ダンサーだったりするわけです。
なんか、ものすごくカッコイイ!!

つい先日、宿探しをしていた時。
たまたま覗いた宿のおじさんがやはり絵描きさんだった。

P1170514.jpg
その作品の緻密さに思わず息を呑んでしまった!
彼のお父さんもまた、絵を描いていたそうで、
彼は5歳から絵を描き始めたと話していた。


P1170510.jpg
ちょっと失敬して…作品の一部を拡大。
どぉですかッ!この細やかさ!!
日本の書道用の墨を使って描いていました。



そして。
ウブドでは毎晩、いくつもの場所で、
伝統芸能を披露するショーが行われています。

これもまた、地元住民たちが有志で集まり、
グループを組織して、ダンスや楽器等、日々練習しては、
それぞれのステージを開催しているんですねぇ。

驚くのはそのレベルの高さ!
決して「町内会の発表会」などにありがちな
“素人の自己満足”レベルじゃない!

実際に、海外で高い評価を受けて、
年数回の海外公演までこなすグループまである程!

というわけで。
ウブドでは、毎夜あちこちで開かれるショーを見て回る、
という、とっておきの楽しみもあるんですネ~♪

DSCF3392.jpg
こちらは天女の舞。
衣装のきらびやかさも、観客を楽しませてくれます。


DSCF3007.jpg
ストーリー仕立てになっているダンスも多いので、
ついつい見入ってしまう。


DSCF3190a.jpg
日本の獅子舞を思わせる“バロンダンス”は迫力大!

DSCF3023.jpg
鳥をイメージした衣装。
なんか…小林幸子を思い出してしまった。(笑)


DSCF3240.jpg
こちらはかなり有名になった、ケチャダンス。
「チャッ!チャッ!チャッ!」と威勢よく、
リズミカルに繰り返される男性コーラスの迫力に鳥肌。


ケチャのステージは、ファイヤートランスショーとの
2部構成になっている場合が多い。
これが、また凄いのよッッ!

DSCF3269a.jpg
ボウボウと燃え盛る椰子の実の上を、
ナチュラルトランス状態に入った素足の男性が走り回る!
もちろん、その男性はヤケドをしていない。
うーん。。。人間の未知なる力ですな…。
※昔、祭事に行われていた儀式を元に披露されているショーです。



さすが、ウブド。
まさに、芸術を育む町。
こんな町、世界中探してもないんじゃないかな?

ウブドの町の容相が
あまりに変わってしまったことに
大きな衝撃を受けたものの、
こうしたウブドの真髄とも言える、
独自の文化精神が変わらずに守られている姿を見ると
ホッとすると同時に、頭が下がる思いがしたよ。

そして、周りに広がる、この景色!

P1170946.jpg


やっぱり、ウブドは素敵だー。



スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

BALI ごはん

世界中どこにいても「お米」は食べられたけれど、
日本のごはんのモチモチっとした食感を味わえる場所は少ない。
ぽろっぽろの、ぱっさぱさ…なごはんが当たり前。

ところが、ここバリ島では 
もっちりふっくらした白飯が食べれるんです!
白飯が美味しいと、自然と食欲が湧いてくるもんだねぇ~。
あぁ…ワタシって日本人なのね。と、
こういう時しみじみ実感するわ。

ローカル食堂へ行くと、定番なのが、
ホカホカの白飯の上に色々なおかずをのっけてくれる
【ナシ・チャンプル】
P1180016.jpg
ナシはご飯の意味で、
チャンプルは混ぜるという意味。


「ナシ・チャンプルね!」と注文すると、
決まったおかずをのせて出してくれる店と、
複数のおかずの中から好きなものを自分で選ぶ店と、
その店によってスタイルが異なります。

P1170865.jpg
こちらが定食タイプ。
野菜類と肉類がバランスよくのってくる♪


P1170556.jpg
こちらは自分で選ぶタイプ。
沢山のおかずを目の前にすると、
ついつい多めに盛っちゃうのょね。


定食タイプの店では、たいてい1食100円くらい。
自分で選ぶ場合はその内容によって料金にも幅が出ます。
野菜を中心に選べば80円くらいから。
肉やタマゴ料理を中心に選ぶと120円くらいから。
料理と一緒に、料金のかかれたカードを渡されることが多い。

P1170576.jpg
こういうカード。
インドネシアルピーはゼロを2つ取ると、
そのまま日本円換算できるのでわかりやすい!
つまりこれは、85円!安いッ♪


店によって味も種類もさまざまなナシ・チャンプルのおかげで、
食生活に飽きがきません。
一度に沢山の食物を摂取できるので、栄養効果も高いよね!
そして何より、安いしネ(*´ー`)♪

ナシチャンプル以外でハマってるのが【バビグリン】
P1170913.jpg
こちらはバビグリン屋台。
写真中央に横たわっている茶色の物体。何だかわかりますか?
答えは……「ブタの丸焼き」です!
※バビとは「ブタ」という意味。


イスラム教国のインドネシアにおいて、
唯一の、ヒンドゥー教信仰のバリ島では、
イスラムではご法度の「豚肉」が食されているんです。

DSCF3996.jpg
豚肉の色んな部位を調理してチャンプルにしたごはん。
変な臭みやクセがなくて、と~っても美味。
バリ島ではご馳走料理とされていますが、
町には専門店が沢山あります。


こちらは1食スープ付で200~250円位が相場。
今では、バビグリンの旨い店探しも、
ワタシたちの楽しみのひとつ!

そして、インドネシア料理で有名なのが、
【ナシゴレン】【サテ】じゃないかな?

P1170931.jpg
ナシゴレンはたいていの店で扱っているポピュラーメニュー。
インドネシア風チャーハン。
ナンプラーの味付けがクセになります!
日本のチャーハン同様、
店によって味付けが結構違うので、
これも結構飽きないメニュー。
一品100円前後。



こちらは、町中でよく見かけるサテ屋台。
P1170912.jpg
サテとは日本でいう串焼き鳥!
ピーナッツベースの甘めタレが特徴的。
これもやはり店によってタレが違うので、
色々試してみる価値あり♪
肉の大きさによるが1本5~10円が相場。


そしてインドネシアの食堂では、
「持ち帰り」が主流!?と思いたくなるほど、
皆さんすぐに「ブンクス!(=持ち帰り)」と言っています。

ワタシたちも地元のしきたりにならって…(!?)
よ~くブンクスしています!
↓↓↓↓↓
P1190546.jpg
ブンクスすると、片面がコーティング加工されている特殊な紙につつんでくれる。
保温性もあり、油が外にしみこまない優れもの!
ちなみに奥がサテで、手前がナシチャンプル。


いつでも、手軽にブンクス!ブンクス! 
便利ですねぇ~。


お昼に軽く済ませたいという時は、
よく麺類を食べます。

そこらじゅうに麺屋台があるので、
地元の人たちもかなりよく利用してますね。

DSCF3995.jpg
こちらはミーアヤムバッソ(肉団子入りチキンラーメン)。
インドネシアの麺はなぜかいつも、かなりのミニサイズ!
日本のラーメンの半分位しか入ってないの。
1食50~70円位が相場。



そしてさらに。
最近ハマっているのが、バリの生菓子
さすが、お米の国というだけあって、
生菓子も日本と同様、お餅系が多いんですヨ。

お餅と椰子の実を合わせたようなお菓子が
とぉ~っても、ウマイヽ( ´¬`)ノ ダイスキ♪

P1190537.jpg
こちらはクレポン。
白玉団子(緑玉!?)のような餅の中に、
とろりとしたココナツシュガーが入っている。
ちなみに白い粉のようなものは、
ココナツをすりおろしたもの。
甘すぎない味が、さらにGOOD!!
1包み15円。


いやぁ~、バリ島は食が豊かだね。
同じく食が豊かだったタイやマレーシアに比べても
物価が断然に安いし♪

これからしばら~くバリ島でのんびりしようか…
というワタシ達にはとってもありがた~いコトですゎ♪

しかも、さ。

ここは世界中から観光客が集まってくる、
大人気の観光地。
お金さえ出せば、
各国の料理だって楽しめるんですッ♪

ローカル食にちょっと飽きてきたら、
たまにはフンパツして…
DSCF3994.jpg
イタリア人が経営するお店でパスタ。
本格的なボンゴレが300円~ヽ( ´¬`)ノ♪
久々のアルデンテを食べたよォ。


そして、もちろん日本食もッ!

P1190554.jpg
日本人に大人気のバリ島では、
数え切れないほどの日本食レストランがあります!
天婦羅御膳900円也。
茶碗蒸し、漬物、味噌汁、デザートもついて
このお値段だったよ♪



バリ島の食生活、かなり満足度高しッ!!!



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。