世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キトの街

キトの街はなかなか過ごしやすいです。

ユネスコに【人類の文化遺産】と指定れた旧市街は、
スペイン植民地時代の建物が多く残されていて、
とても美しい街並み!

気候も毎日カラッと気持ちよく晴れて、
洗濯物も2~3時間で完璧に乾いてくれます。

そして、何より嬉しいのは物価の安さ!

ビールの中ビンが
ナント、0.7ドル!!

安い食堂にいけば、
●スープ
●おかず1品
●ごはん
●簡単なサラダ
●コーヒー
がついてくる定食が
たったの1ドルで食べれちゃったりするんですゎ(*^-゚)v♪
(※エクアドルの通過はなぜか、米ドル)

前述した通り、
宿代もお安いし♪

この街なら、
ちょっとのんびり滞在しちゃってもいいな~。

そんな気にさせられる街ですね。

実際、Hotelスクレの宿泊者には
1ヵ月以上滞在している
いわゆる“沈没者”も少なくありません。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

…とは言っても、
観光地としての見所は少ないのよね。

とりあえず、
今日は、いつも宿の屋上から見える、
2塔の時計台がある教会へ見学に行ってみました。
P1230165.jpg

P1230176.jpg
ステンドグラスの装飾が綺麗~!!
P1230186.jpg
って思ったら…
P1230188.jpg
近くで見てみると、シールだった…。ガッカリ(笑)

上へのぼっていくと、展望台になっています。
P1230195.jpg

でも、更に上にのぼることができるんですゎ。
P1230211.jpg

↑この時計台のてっぺんのてっぺん!まで
ハシゴを使って上れるようになってるのには
ちょっとビックリ…。

【自己責任でどうぞ!】ってことだよね!?
高所恐怖症の人には絶対ムリだろうね、これ。

P1230204.jpg
これが時計台の裏面。

P1230223.jpg
足場は、こんな感じ!

P1230225.jpg
さっきの展望台よりもう~んといい眺め♪
P1230228.jpg
お手数ですが、1番最初の写真を見てみて下さい。※右側に写っている塔に注目
あの塔の頭がこんなに低い位置に見えるんですよー!(写真左端)


あとあと。
この教会内には、こんなお洒落なカフェまであったよ。
P1230233.jpg
コーヒー1杯、0.8ドル。

文字通り、
教会の隅々まで見学できて、
楽しかったぁ~♪

お天気のいい日に
オススメのスポットです!

スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

キトのお宿

日本人バックパッカーの間で
エクアドルのキトといえば【スクレ】
と言われるほど定番になっている、
日本人の常宿に泊まっています。

なぜ、こんなに日本人旅行者に
人気があるのかというと…
異常に安い!」んですゎ。(笑)

シングルで1泊1室2.5ドル
ダブルで1泊1室3.5ドル

笑っちゃう位、安いでしょ? ( ̄m ̄*)
2人で泊まって3.5ドルだよ?

外観はこんなに立派だし。
P1230074.jpg

旧市街のサンフランシスコ教会の隣にあって
立地もなかなかGood!
P1230143.jpg
市民の憩いの場となっているサンフランシスコ教会前。

P1230287.jpg
サンフランシスコ教会広場の夜はこんなに素敵♪

でも実はココ、
連れ込み系 の宿なんだって。

しかも、実はココ、
現在、営業停止中で、闇営業中。
(「営業停止」の原因はナゾ…)

ところどころ、
宿の部屋の入り口に
警察の「営業停止!」の紙が貼られています。

…怪しさ満点。( ̄m ̄;)

でも実際、宿の中は
“日本人のマンション状態”になっていて
そんな「いかがわしさ」は、
みじんも感じられません。

バックパッカー歴1年以上の、
タビの達人たちが
大勢集まって、
それぞれの旅の情報を交換しあっています。

ガイドブックの情報よりも
リアルで確実な情報が得られるので、
まだまだバックパッカー初級者のワタシたちには
とっても頼りになります。

今日は、こんなモノの存在を教えてもらいました。
ジャーン。
P1230151.jpg
その名も【ニセ札チェックペン】!!
(1~1.5ドルで文房具屋にて入手可能。)


南米ではニセ札が大量に横行しているそうです。

たいていの商店のレジ前には
ニセ札が貼り出されていて、
「要注意!」的な警告がされているし、
買い物をする際にお金を渡すと、
店員は必ず、お札の透かしをチェックします。

このペンは、
本物のお札に書くと透明なんだけど、
ニセ札(普通の紙にも)には黒く色がつきます。

たとえば、お札を受け取った時に
その場でこのペンでチェックを入れれば、
ニセ札が混ざっていても簡単に発見できるし、
その場で交換してもらえるってわけ。

あ。
でも、コレ、日本のお札には通用しないみたい。
壱萬円札に思いっきりチェック入れて、
「黒くなっちゃった!」と言ってる人がいました…(笑)
お気をつけあれ。




テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

エクアドル・キトまでの長~い道のり

最近、心を入れ替えて
せっせと更新しています♪

つか、読者の皆さま?
ワタシのハイペースに
ちゃんと着いてこれてるかしらん?(ニンマリ♪)

もう、コロンビアを出国しますよー。

↓↓↓↓↓

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ボゴタを出て、コロンビア南部のカリで2泊。
そこから、エクアドル入国を目指します。

コロンビアのカリ以南は
ゲリラ多発地帯と言われていて、
【土日の移動と、夜行の移動は避けるべし!】
というのが一応、
旅行者の中での常識となっています。
(長距離バス移動での話ね。)

もちろん、常識人のワタシたちは
そのルールにのっとって
移動の計画を立てました。

できるだけキトの街(エクアドル首都)に
早い時間に辿り着きたかったので、
カリを朝5時に出発!

カリからコロンビア国境の町、イピアレスまで11h。
14人乗りのおんぼろバスで、
リクライニングもできない、小狭いシートに座って
11時間はめっちゃキツかった~。
P1230020.jpg
この車内の窮屈さ、伝わります?

夕方4時。
やっとのことでイピアレス(国境)に到着。


イミグレーションが思ったよりも込み合っていて、
出国手続きに1時間半もかかってしまった(; ̄Д ̄)
P1230033.jpg
イミグレのフタッフの仕事が遅い!遅い!(←ま、これも『お約束』ですね。)

18時過ぎ。
エクアドル(トゥルカン)に入国。

エクアドル国境のトゥルカンから、
キト行きのバスターミナルまで
約30分。

朝から、何も食べてなかったので
超ハラペコのおれら…(´Д`;≡;´Д`)ノ
重たい荷物を抱えて、
移動の疲れもピークにきていて、
フラフラだぁ~~。

バスターミナルで即行、
19時発のキト行きバスを手配して、
近くにあった食堂へ駆け込み、
10分で食事。

ここからキトまで約4時間
あと、もう少しだッ。
気合だぁーーーーッ!!!

それにしても。
ただでさえ、新しい国に入ると緊張するのに、
「キトに23時着かぁ~。
キトはそんなに治安が悪くないとは
聞いてるけど、
そんな時間に着いちゃって
大丈夫かなぁ…」と
不安をつのらせながら、
心細い気持ちで
バスに乗り込みました。

もう、かなりクタクタだってゆ~のに、
この途中の道のりで
警察の検問が2回も!!!
【コロンビアから来た外国人】なんて、
エクアドル警察からしてみたら、
要注意人物!!
徹底的に調べられます。

バスから降ろされ、
手荷物を全部ちくいちチェックされました。

(;´Д`A ```
もお~~。カンベンしてくれよぉぅ…。

2回も念入りな検問にあったせいで、
バスは予定到着時刻を大幅に遅れ…

キトに着いたのは
ナント、夜中の1時!!!!!

マジかよぉーーーーーッ (;´Д`A ```

カリの宿から、キトの宿に着くまで
21時間ッ!!!!!!!!!!!

乗り換え、乗り換え、、、、の
21時間移動はマジ、きつかったぁ~~ (´∩`。)
超、頑張ったぁ~~~~。

寝静まっているキトの宿のドアを
ドン!ドン!ドン!と
叩いている時は
祈るような気持ちでした。
「お願いしまーす。起きてくださーい。」
「どんな部屋でもいいんで、泊めてくださいっ!!!」

真夜中にたたき起こされた宿のお兄ちゃんが
ニコっと笑って「部屋あるよ!」と
言ってくれた瞬間は、彼が神々しく見えたゎ (T-T )ムチャスグラーシャス!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ふぅ~。
旅人って結構、大変。



モンセラーテの丘

メキシコ、グアテマラもそうだったけど、
カトリック教徒が中心の国々は
日曜日になると、ほっとんどの店が閉まってしまい、
旅行者にとっては、と~っても退屈。

ここコロンビアも同じ。
ボゴタは大都会なので、
昼間はまだマシ。
それでも夕方、早い時間には
閉まってしまう店がほとんど。
スーパーマーケットですら、
5時に行ったら閉まってたよヾ(・_・;)

そんなわけで
今日は街歩きは早めに切り上げて、
【モンセラーテの丘】に行ってきました。

ボゴタの街が一望できる丘です。
ただし、丘周辺はスラム街が広がっているため、
歩いて上るのはかなり危険。

ケーブルカーが運転されているので、
それを利用します。
(結構な料金とられるんだけど…しゃーないね)

これが、ボゴタの街ですよー!
DSCF2099.jpg
曇り気味だったのがちょっぴり残念。

丘の上にいた地元の人たちには、
美しい眺望よりも、ワタシたち2人(日本人)の方が
よっぽど珍しいらしく、
やたら注目されてました…

ある小学生の男の子に、
『一緒に写真撮って!』とお願いまでされちゃった!
(=´▽`)ゞ テレルナアー。

まるで芸能人気分でしたわ。オホホホホ


お知らせ ~ダーリンブログご紹介~

大変遅ればせながら、
旅の相棒、tomoちゃんのブログを紹介します。

ワタシ自身、あまり彼のブログをのぞいてないのですが。
いつの間にか、結構リアルタイムで更新してるようです。

タイトル通り、
かなり「ヒトリゴト系」なブログです。(笑)
んが。
コメントが入ってないと
ションボリしているので…
よかったら、是非コメントしてやって下さい。

【TOMOのヒトリゴト】
http://tomoya1068.blog11.fc2.com/

よろしくお願いしま~す m(__)m!

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

ボゴタってこんなトコ。

昨日は無事ボゴタに着いて、ひと安心♪

今朝の朝食は、宿の近くにあった店で
ボリュームたっぷりのホットドッグ。
飲み物付で約1.5ドル。
(写真…紛失。スンマセン!!)

今日は、ボゴタ名物【黄金博物館】に行ってきました。
スペイン侵略以前の、
コロンビアのインディオ文化は、
豊富な黄金でキンピカしていたらしいです。

「そんなもんまで、金で作ってたんかいッ!」と
呆れるほど、いろんな物が残されてるんですねぇ。
P1220693.jpg
これは戦争で使われたヘルメット。

P1220673.jpg
お面?

とにかく、彼らの美的センス、
文化と技術の高さには驚かされます。

P1220685.jpg
写真じゃちょっと分りにくいけど、裏面にも細かい細工が施されています。

P1220687.jpg
ナンだか分らないけど、、、
P1220695.jpg
宇宙人?

P1220697.jpg
これは飛行機の形をしているようにも見えるよね?

現代人が見ても、
かなりイケてるデザインが多くて、
見ているだけで、楽しい (*´∀`)♪

コロンビア人的にも、
それがかなり自慢なのか(!?)、
この黄金博物館も、とても立派です!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

コロンビア入国前は、
「コロンビアって一体どんな国だろう…」と
若干、ビビり気味だったワタシたちですが、
実際、今日ボゴタの街を歩いてみて
なんだか、ホッと安心しました。

ボゴタは洗練された大都会!
P1220712.jpg

P1220817.jpg

明らかに生活水準の高い香りがします。
街行く人々のファッションもお洒落だし!
カフェやレストラン、雑貨屋に洋服屋etc…
いかにも都会的なお店がひしめき合って立ち並んでいる街並みに、
なんだかワクワクしちゃう♪

建物もカラフルで
個性的な形をしている物が多くて、
ブラブラ歩きだけでも楽しいヨ。

P1220849.jpg

P1220901.jpg

P1220903.jpg

P1220741.jpg
泥棒?って思ったら、人形だった。ボゴタにはこういうお茶目なイタズラ(?)が多い。

P1220941.jpg
落書きもカラフル!でお洒落。
P1220942.jpg

P1220937.jpg

P1220939.jpg


しかもね。
まだたったの2日しかココにいないけれど、
出会う人、全員、にこやかで親切!
(もう一回言っとくけど、『全員』だよ。『全員』!!)

「コロンビア人はとっても親切」という噂は
前から聞いたことがあったけど、
本当の本当だなぁ~と、感心しちゃいました(人´∀`)★

旅人にとって
その国の人たちに親切にしてもらえるのって、
本当に嬉しいもんです。
それだけで、その国が好きになっちゃうもんね。

コロンビア国内全体で見ると、
問題も多く、治安の悪い地域も沢山あるんだろうけど…。
とりあえず、ワタシが見た
ボゴタの街(しかも昼間の大通り、ね。)は、
明るく魅力的な街でした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで、
ここボゴタは標高2600メートルの高地。
日本でイメージしていた【南米!】のイメージと違って、
すんごく寒いですッッ (((゙◇゙)))!
一年中平均気温が14℃なんだって。

朝晩の冷え込みはハンパないわ。
暖房が欲しいくらいだよ~。

とりあえず、今、
長袖シャツ2枚の上に、フリースを着てこのブログ書いてます。
うううぅ、さぶっ。

DSCF2130.jpg
大都会なのにロバが歩いていたりするアンバランスさも好きです♪

ガテマラ最終日の悪夢



長らく放置してしまって、スミマセンッ!! ( ̄― ̄;

ワタクシ、生きております!
無事、生きておりまぁっす!!!

だって。だって。
最近、移動続きでさぁー。
移動先のホテルにはコンセントの電源がなかったりしてさぁー。
パソコン開けるような環境にいなかったのよねぇー。
ヾ(;´▽`A``アセアセ  
 … ホントだよ?

ま。言い訳はこの辺にしといて…と。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日は、ガテマラ最後の日の
地獄のような体験をお話しますゎ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

明日はコロンビアの首都ボゴタへ移動する日。

コロンビアっていうと、
「麻薬・ゲリラ・誘拐事件」と、
物騒なイメージばかりが先立ちます。

ガイドブックの『地球の歩き方 南米編』を見ても、
コロンビア・ボゴタの情報はたったの5ページ程度しか載っていません!

ガテマラの学校の友達に
「ボゴタに行くんだ~」って言うと
「へぇ~~~。勇気ありますねぇ~~!」
とかいう反応が返ってくるし。。。(; ̄Д ̄)ソウナノ?

でも、実際に行ってきた人の話を聞くと
「コロンビアはいいところですよ~」
「人もみんな優しいし」
「行く地域さえ、間違わなければ全然、大丈夫!!」と、
誰からも同じような答えが返ってきます。

う~ん。
コロンビアって一体、どんな国なんだろう!?

さらに、もう一つ。
コロンビア入国の際に、心配なことがあるんです。

コロンビアへは
ここガテマラから飛行機で一気に飛ぶ予定なのですが、
<片道チケットだと入国させてもらえないことがあるらしい>のですわ。

旅行会社も、
片道だと売ってくれない会社もあれば、
「入国拒否されてもしりませんけど」と言って、売ってくれる会社もある。

もちろん、往復チケットはワタシたちには必要ないし、
料金もだいぶ違ってくる。
かと言って、
コロンビアまで行って門前払いをくらっても…
その後どうしらええんじゃ?

かなり苦渋の選択です。

ん…が。
え~いっ!一か八か!
勇気あるワタシたちは、
「片道チケット」を購入したのでしたッ ( ̄‥ ̄) = =3

明日の飛行機は朝7時の便。
空港までは車で約一時間かかるので
宿を朝4時には出なくては行けません。
(空港行きのバス、朝4時の便を予約済み)

なんせ、早起きが大の苦手なワタクシ。
最近、tomoちゃんもあてにならないしなぁ…。
(↑ ※『寝坊して危機一髪事件』の過去記事見ます? )

と、まぁ、、そんなこんなで、
いろんな意味の不安と期待を入り混じらせながら、
移動前日を迎えていました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

寝坊回避のために、名案を思いつきました!

今日は昼間っから寝ちゃって、
夜中の1時頃に起きればいいじゃんね♪

夕方6時位に寝れば、
7時間も寝れるし!

その頃ならまだ他の部屋で起きてる人もいるだろうし、
目覚ましをかけて、
ピピピピッてうるさかったら
起こしてもらえるんじゃん??

う~ん!
我ながらなんという名案(*゜―゜*)
これなら、寝坊のしようがないでしょう。

夕方6時に就寝するためには
昼間からお酒を飲んじゃうに限ります。

昨日買っておいた強めのお酒が
まだたっぷり残ってるし♪

という、すばらしい計画の下、
午後3時頃から酒盛りを始めたワタシたち。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

熱心な読者の皆様は
もうだいたいの察しはついちゃいましたね?

……(T-T )


大当たり~! 

   
っていうかね、
選んだ酒がマズかった…

スーパーで一番安いお酒だったのよ。
ヤバいかな?って一瞬思ったんだけどねぇ…
つい、つい安さに惹かれて買っちゃった。

たぶんね、アレね、
人が飲んじゃいけないアルコールが入ってたと思う。

だって、
悪酔いの仕方がハンパなかったもん。
普通ぢゃなかった…。

そんなひっどい酒なのに、
おれらってば、
ボトル一本空けちゃったんだよね…。

そりゃああ、もぉぉぉお、
その苦しみ様ったらなかったわぁ。


2人して夜通し、吐きまくり!

夜中の1時に起きて、きちんと荷造りする予定だったワタシは、
まっったくそんな余裕すら無し!

起き上がって、
部屋に散乱している自分の荷物をまたいで、
トイレへ行くのがやっとの状態。

前もってきちんと荷造りを済ませていたA型tomoちゃんは、
地獄の様な苦しみの中、
ワタシの荷物を詰めてくれていました。

心から感謝 (T-T ) (T-T ) (T-T )

朝4時には何とか起き上がって、
送迎バスに乗り込みました。

しっかし、その送迎バスってゆうのも、
旅行者を難民のようにギュウギュウに押し込める
おんぼろのVAN…。

揺れるは、
息苦しいは、
気持ち悪いは…で、
1時間、吐き気との戦い。
いや、もう、あれは自分との戦いだったわ。

「ここで吐いたら負けだっ!」
強く強く自分に言い聞かせ、
鬼よりも凄まじい形相で
ひたすら耐えに耐えたですよ。

とにかく!
ワタシは勝ちました。
( ̄‥ ̄) = =3

空港に着いたとたん
吐いたけど。

いやぁ~。
あれはほんっとに辛かった。。。
死ぬかと思ったよ。

これまでの人生、
数々の苦しい二日酔いを乗り越えてきた
ワタクシではありますが、
あれはノンダクレ人生の歴史に残る二日酔いでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

あ。
で、肝心のコロンビア入国の件ですが。

大丈夫でした!
(^□^)v

身なりが怪しいと色々引き止められると聞いてたんで、
この地獄の二日酔いの最中、
イミグレーションでは、
「さわやかに笑うよ!」と互いに声を掛け合い、
必死の演技?で【さわやかな旅行者】に変身。

きっと、絶対、
酒臭かったハズなんだけど…。

コロンビア人には無害な善良な旅行者と
認めてもらえたようです。

よかった~~ぁ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こうして、数々の難関をくぐり抜けて、
ワタシたちのコロンビアの旅は始まったのでした♪

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

チキンバス

ガテマラテコの足は、コレッ! 
            ↓↓↓↓↓
DSCF1923.jpg

DSCF1926.jpg

この、かわいらしくド派手なバスは
もはや、グアテマラ名物!
旅行者の間では
『チキンバス』という
これまたかわいらしいニックネームで呼ばれています。
(※由来は不明…)

町や村を繋いで何百本というチキンバスたちが
色鮮やかな民族衣装をまとった現地の人々を沢山乗せて、
ゴォ~ゴォ~と爆音を立て
ものすごい量の排気ガスを吐き出しながら
グアテマラ中を毎日走り回っています。

DSCF1920.jpg
乗客が乗り込む前の車内はこんな感じ。
DSCF1919.jpg


アンティグアでお勉強生活をしていた間は
チキンバスに乗る機会がないまま
その排気ガスだけを吸っていたワタシたち。(笑)

初めてチキンバスに乗る機会が訪れたのは
学校を終えて
アンティグア郊外に旅行へ出た時のこと。

チキンバスは
【運転手】と【料金回収係】の2人組みで
運行されています。

料金回収係の人には沢山仕事があります。
乗客の料金を回収して回るのはもちろんのこと、
車が走っている間、
路上で人を見かける度に
出入り口の扉から半身を乗り出して、
『パナ!パナ!パナァ!』
『パナハッチェルに行く人はおらんかねぇ~!』
『はいはい、兄ちゃん、乗ってくかぁい?』

と、大声で客引きをします。
 
そして
現地の人たちは平気でドデカイ荷物を
バスに持ち込んで来ます。
あまりに大きい荷物は
バスの屋根の上にのせるのですが、
もちろんそれも回収係の仕事。
サササっと猿のように
屋根の上までするするっと上って
大きな荷物を受け取り、
くくりつけてくれます。

もちろんワタシたちの
バックパックも屋根の上 (^□^)↑
(雨季だってのに・・・。
降りる頃には、おかまいなしにずぶ濡れ!)

バスが走っている間中、
客引きをしながら行くもんで
一時間も乗っていると
バスはギュウギュウの超満員状態に。

「さすがにもう乗れないだろぉう…?」って
思うくらいになっても
客引きの掛け声は止まりません (((゙◇゙)))!

そんでもって
その超満員の席を押し分けて回収係が
後ろの席まで料金を回収して回るんです!
なんてゆう、効率の悪さッ (  ゚ ▽ ゚ ;)!!

入り口で最初に料金回収すればいいじゃん!!!!
って、合理主義の日本人的には
突っ込まずにはいられないんだけど、
ガテマラ人にはそういう合理性というものが
一切ないらしい(笑)

みんな
ギュウギュウ詰めのバスに
にこやかに乗っています。

後ろの席の人が
急に「降りまーす!」とか言っても
誰一人、イヤな顔するひとなんていません。
みんな、
「はい、どうぞ、どうぞ。」
「荷物、こっちから渡そうか?」と協力的。

デブったおばちゃんが
前へ進むのに苦戦していたりするのをみて
あははっ…てみんなで笑ったりなんかして
背中を押してやったり。

しかも、
面白いのが、
なぜかガテマラの人々は前の席が大好き。

後ろの座席がまだたくさん空いているのに、
前方の2人用の座席を3人で座るの!(爆)

ワタシも初めは
2人用の席に3人目がお尻を乗せてきた時には
「ええっ?」と一瞬不快に思ったのですが、
ニコニコ顔で当たり前のように座ってこられると
「ま、いっか」って(笑)

肉付きのいいおばちゃんたちに
無意味にギュウギュウにはさまれて
乗っているうちに、
なんか楽しくなってきちゃった(^―^)♪

なんかいいね~。
楽しいね~。
チキンバス!

田舎へ行けば行くほど
民族衣装の着衣率も上がってきて
車内衣装ウォッチングもまた楽しい♪

そして。
運転手の運転テクにも
感心させられます。

ガテマラには
“追い越し禁止”なんていう
ヤワな交通ルールは皆無のようで、
細い道だろうが、峠だろうが
おかまいなしにガンガン追い越す、追い越す(゜ロ゜;!

前方の席で対向車線を見ていると
ハラハラしちゃって心臓に悪いっす。

ガテマラの主な道路は
ちゃんと舗装されてはいるんだけど、
土砂崩れが多発しているため、
道が半分崩れていたり、
土砂が道を塞いでいたり…と
相当な悪路が多いのに
事故を一度も見かけなかったので、
やっぱりチキンバスの運ちゃんはスゴイ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

なんだか…
チキンバスの中にはガテマラの素朴な魅力が
詰まっている感じ!

グアテマラ人の生活やどかさを
そのまま垣間見れるから面白いね。

P1220576.jpg
車内で肉付きのいいおばちゃんたちに挟まれながら、
ワタシの顔をじ~~~~~っと眺める少年。
【平坦な顔】がよっぽど珍しかったのかしらん…(;・∀・)




テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

ガテマラで温泉♪ in ケツァルテナンゴ

サンペドロ・ラ・ラグーナからバスで約3時間。
【ケツァルテナンゴ】という街に来ています。
※現地の人たちは昔からの呼び方で【シェラ】と呼んでいる。

ここは高地なので
半袖1枚で過ごしていたサンペドロとは一転して
フリースを着ないと寒い位の気候です(´゚A゚`)

ケツァルテナンゴへ来た目的は2つ。

●目的の1つ目は温泉!
ケツァルテナンゴ周辺には温泉地が沢山あるんです。
しかも、貸切の個室でゆっくりマッパで入浴できる!
(日本人的には水着を来て温泉に入っても、なぁんか入った気がしないもんねぇ~)

●目的の2つ目はガテマラ最大規模といわれる、
マーケット見学!

毎週金曜日に開催されるマーケットで、家畜市も行われます。

んでもって、もう早速!
両方行ってきました♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

まずは温泉のご紹介。
ケツァルテナンゴの中市街から
バスで20~30分の所に噂の温泉街【バ~ニョス】があります。

ガテマラの温泉って?
個室で入浴って??
一体、どんな感じなんだろう…。
と、若干不安を抱きつつ。

バ~ニョスでバスを降りてみると、
辺りには10軒近くのお風呂屋さんが立ち並んでいます。
事前情報によると、
奥右側に見える、緑の建物が
評判の良いお風呂屋さんだったので、
迷わずそこへ行ってみました。
P1220608.jpg
右奥に見える緑の建物が、ワタシたちが行ったお風呂屋さん

民族衣装を着た現地の人たちも
ぞろぞろと家族連れで来ています。
現地の人たちにも人気あるんだねぇ!

フレンドリーな店員さんが、
すぐに中を案内してくれました。

P1220606.jpg

P1220590.jpg

ふ~ん。
こうやって1つずつ個室になってるのね。
なんか、地方のカラオケ屋みたい!?

個室は大・中・小と大きさが3つあって
それぞれの料金設定が異なります。

こちらが一番小さい個室。
P1220586.jpg


各自でお湯をためて入るシステムになっています。
小さな桶も貸してくれたよ。
P1220584.jpg
1時間半で15ケツァール(≒230円)

お客さんが出る度に、
スタッフの人たちが栓を抜いて
掃除をしているので、
日本人でも気持ちよく入れそうな清潔さ(^―^)!

お湯も自分で調節できるので、快適~♪
2ヵ月ぶりに浸かる湯船は最高だったわぁ~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

そしてお次は、
ガテマラ最大規模のマーケット!
【サンフランスコ・エア・プルト】という村で開催されます。

午前11時には家畜市が終わってしまうというので、
早起きして出かけてきましたよ。

最大規模といわれるだけあって、
今まで見た市場の中でも、
ダントツの活気があります。
P1220562.jpg
こーゆー人ゴミではスリにご用心!
ワタシのポケットにも手が忍び込んできたですょ (#`Д´)!
ま、何も入ってなかったけどネ。


広域に渡って入り組んだ路地に
沢山の露天商がひしめきあっているので、
家畜市が行われている広場まで辿り着くのも一苦労(´∀`;A

ありました!
ありました!

サッカー場位の広場に
牛、豚、羊、鶏等々…
まさに家畜たちが勢ぞろいしてますッッ!
DSCF1937.jpg
こちらは豚さん売り場。
P1220523.jpg
こっちは羊さん売り場。モコモコの犬も混じってる…(笑)
P1220532.jpg
こっちは牛くん売り場だね。

P1220531.jpg
お眼鏡にかなった牛くんをGETしてご満悦のおじさん。

他にも、鶏やウサギ、ネコ、犬etc…
ペットとして飼われる動物も沢山いたよ。

ネコなんて200円位だったかな?(安ッ!)

DSCF1953.jpg
現地のおばちゃんパワーはすんごいよッ。
DSCF1941.jpg

DSCF1955.jpg
不気味過ぎて逆にかわいく見えてくる七面鳥。

P1220535.jpg
これから売られていくことも知らずに?無邪気にエサをあさっているイノシシくん。

DSCF1961.jpg
家畜市のすぐ脇ではこんな物も売られてた。
…つまり、もう、何でもありッッ!?!(笑)


いやぁ~。
面白かったなぁ~~!!!

こぉ~~んな面白い場所に、
なぜか観光客が全然いませんでした。
なんでかな?(この日はたまたまか?)

ケツァルテナンゴへお出かけの際は、
是非、金曜日を絡めて、
サンフランシスコ・エア・プルトの市場に行ってみて下さい!
超、オススメッ♪

DSCF1968.jpg

…帰りのバスに乗ろうとしたら。
屋根の上には羊さんたちがッ (°◇°;)!!
(えーッ。そんな運び方!?!?)

さすがに、彼らが気の毒に思えてきた… 
 ※ガテマラのバスは半端なく運転が荒い。

「メェ~!メェ~!」と
屋根の上で鳴き叫ぶ声が
「助けてぇ~!」と聞こえてくるもん…(; ̄Д ̄)

心の中で
「ドナドナド~ナ、ド~ナ~♪」と
歌いながら、家路に着きました。

アホになろう in サンペドロ・ラ・ラグーナ

アンティグアでのスクール生活を終え、
久々にタビに出ております。


【サンペドロ・ラ・ラグーナ】という小さな村に来ています。
アンティグアからバスで2時間半~3時間かけて
【パナハッチェル】という町まで行き、
そこから更に約30分ボートに乗って
アティトラン湖を渡って、
西側にある村です。

ここは60年代ごろから欧米のヒッピー達が
集まってきている村だという噂を聞いていました。

確かにヒッピーたちが好みそうな、
静かでのんびりした湖畔の村という趣。

DSCF1860.jpg

DSCF1862.jpg

いいねぇ~!
こういう雰囲気、ワタシも好き好き♪
海でも、川でも、湖でも、
水辺ってなんか落ち着くし
幸せ気分になるんだよねぇ~。

湖畔の村なので【島】じゃないんだけど、
ボートで到着したせいもあってか、
島に来たような開放的な気分♪

この【アティトラン湖】という
グアテマラを代表する湖は
猪苗代湖の約1.2倍の大きさだそうです。
地球の歩き方によると
「世界一美しい湖といわれる…」とまで書いてあります。

う~ん。
これが、世界一美しい湖なのかどうか、、、
ワタシ的には大きなハテナマークですが。
(ボートで移動した時いっぱいゴミ浮いてたしぃ)

それでも、
湖の周りには十数箇所の村が点在していて、
それぞれの村によって民族衣装や文化に特徴があり、
【素朴なグアテマラ】を堪能できる、
魅力ある湖だな~と感じます。

しかもここは物価もお安いッ L(´▽`L )♪

宿代が
シャワー&トイレ付きダブルの部屋で
1泊 30ケツァール(≒450円!)ですよ。
しかも、
共同キッチンもあるし。
湖が部屋の前からよ~く見えちゃうし。
DSCF1831.jpg

P1220409.jpg
2人占めの景色です♪


P1220412.jpg
村はこんな小さな路地がいっぱい。
P1220436.jpg
さすがヒッピーに愛されるだけあって、こんなものが庭で無造作に生えている…。

特に行くところもなければ、
することもな~んもない!んだけど。

3~4日ここで、のぉんびりほけぇ~っと
することにしまぁ~す(*´I`*)

ちなみに今日はこんなところで
ほけぇぇ~~~~。

DSCF1857.jpg


んでもって昨日はこんなところで
ほけぇぇ~~~~。

P1220499.jpg


長居するとアホになりそうな、
素敵なトコです。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

アンティグア散策

今日は、ワタシが語学留学中(←う~ん。聞こえが良いゎ♪)の、
アンティグアの街を案内します!

アンティグアの中心街はとってもコンパクト。
街の端から端まで
ゆっくり歩いても30分程度。

道路は網の目状になっているので、
歩きやすい造りになっています。

車道は全て古い石畳。
かなりのデコボコ具合で、
トゥクトゥク(バイクタクシー)に乗る時は
しっかり歯を食いしばっていないと
危険です。(笑)
DSCF1292.jpg
こいつがトゥクトゥクです。

グアテマラの街は全て、
パルケと呼ばれる公園を
中心に造られています。

アンティグアのパルケはこちら。
P1220217.jpg


パルケは市民の憩いの場として
若いカップルや
子供連れの家族、
おじいさんのお散歩、
おばちゃんたちの井戸端会議etc …など
いつも沢山の人たちでにぎわっています。
DSCF1464.jpg


パルケの周りには
カテドラルと呼ばれる教会施設や
警察署、銀行といった
公的施設が周りに立ち並んでいます。

パルケの中央にある噴水。
DSCF1457.jpg
いつもはおっぱいからお水が出てるんです。めっちゃお茶目でしょ!?

ここ【十字架の丘】は人気の観光スポットのひとつ。
DSCF1477.jpg


ここからアンティグアの街が一望できます。
しかし、とっても残念なことに、
この丘に登るまでの道が
雑木林になっていて
強盗が頻出するんですわ…(;・∀・)

2~3年前、
外国人旅行者がこの道で
殺害されたらしく…
それ以降、毎日午前11時と午後3時の2回、
警察が同行してくれることになったそうです。

きっと夜景が綺麗なんだろうけど・・・
とてもじゃないけど見に行けないわ (TωT)

ワタシたちも警察官同行のツアーに参加して
みんなでゾロゾロと登ってきました。
DSCF1473.jpg


そしてここは、
ホームステイ先のラファエル邸の近くにある広場。
P1220199.jpg

P1220190.jpg


昔、修道女が使っていた洗濯場が今も現役です。
P1220191.jpg

P1220198.jpg


よく晴れた日には
ここからこんな風景が楽しめるんですヨ!
P1220197.jpg
奥に見えるのは現役の活火山!

アンティグアは観光客用の馬車が走っていて、
この広場の後ろが馬車の停留所になっています。
P1220340.jpg
周辺はかなり、う○こ臭い。

そして、そして。
こちらがワタシたちもさんざんお世話になっている、
アンティグアのメルカド(市場)です!
P1220237.jpg

ここは、すっごいよー。
食材はもちろん、生活雑貨、文房具、電化製品、洋服etc…
何でも揃うからね。食堂街まであるし!
屋内と屋外があるメルカド内の敷地はめっっっちゃ広くて、
何度行っても必ず迷子になります。
P1220239.jpg

P1220256.jpg

P1220289.jpg

P1220329.jpg

すごく活気があって、
何の用事がなくても
ブラついているだけで楽しい場所(^―^)♪

こちらは、土曜日だけ開催される、
地方のインディヘナのおばちゃん達の出稼ぎマーケット?です。
DSCF1769.jpg

手作りの民族衣装がズラリと並んで、
す~んごい綺麗!
P1220207.jpg

P1220209.jpg

素材や手の込み様によって
値段もまちまちだけれど、
思ったほどは高くなかったよ。
200ケツァール位からあるので、
日本円にして、3000円~って感じ。
交渉によってはもう少しお安く買うことも可能。

ちなみにTomoちゃんも
180ケツァールまでまけてもらって、
綺麗なウイピル(民族衣装)を購入していました。
P1220213.jpg
お買い物をすると機嫌よく写真も撮らせてくれる(笑)

アンティグアの街を散策していると、
こ~んなかわいらしい門を沢山見かけます。
DSCF1759.jpg


DSCF1767.jpg
こんな人が前を歩いていることも
しばしば。


DSCF1437.jpg
毎朝、学校へ行く時に会う、ヤギのミルク屋さん!

最後に、アンティグアの素敵なデートスポットをご紹介♪
【サントドミンゴホテル】
DSCF1786.jpg
昔、修道院として使われていた建物を改装して運営されている五つ星ホテルです。

DSCF1527.jpg

DSCF1532.jpg

ここでは晴れている日は毎晩、
ホテル中をろうそくでいっぱいにして
ロマンチックぅ~な演出をしているんです(*´I`*)
DSCF1558.jpg

DSCF1555.jpg


敷地がすごく大きいので
その中をのんびり散策できます。

宿泊客じゃなくても
見学OK!
DSCF1565.jpg

どんな貧乏カップルでも現実を忘れ、
優雅でロマンチックな夜のひと時を
タダで味わうことができるってわけです (*^-゚)v
(なんか微妙に悲しいような…ま、気のせいだょね?)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アンティグア。
派手な観光スポットはないけれど、
古い街並みとのんびりとした雰囲気で、
まった~り過ごすにはいい所ですょん(*´ー`)








FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。