世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居心地のいい街♪ サン クリストバル

≪サンクリストバル 3日目≫


メキシコ南部の町、
サンクリストバル(San Cristobal)に来ています。

P1220054.jpg

DSCF1222.jpg


パレンケが高度60メートルだったのに対し、
ここは2163メートルの高原都市。
南にあるのに、だいぶ涼しいです。

真昼間は
半そで一枚でちょうどいい位なんだけど、
朝晩は暖房器具が欲しい位、寒い!

暖炉のある宿も多いみたい。
(昼間見た時は「なんで?」って思ったけど、夜になって納得。)

ワタシたちの泊まっている部屋は
なぜか、特に寒くて
外にいた方があったかいの。(笑)
布団の中に寝袋を敷いて寝てます。

メキシコは縦長の国だから
町を移動する度に
気候が違くて、
慣れるまで戸惑うわ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

サンクリストバルは旅人に人気のある町のようです。
ここへ来る前から、
色んな人にオススメだよ~って聞いてたし。

実際に訪れて、ワタシも同感!

何がどうってわけじゃない、
のんびりとした町なんだけど、
人がみんな穏やかで優しいの。
そういう町は歩いているだけでも
楽しいよ (*゚ー゚*)♪
(パレンケとは真逆だ・・・笑)

スーパーに行っても、
市場でも、
ネットカフェでも、
観光インフォメーションでも
ニコって笑ってくれたり、
親身になって教えてくれたり…
とにかく、みんな優しい!!

お土産屋さんや雑貨屋さんも
比較的センスのいい店が多い気がするし。
ぶらぶら町歩きするのも楽しいかも。
(個人的な評価ですが、メキシコにはセンスを感じられるお店が少ないと思う)
(結果的に、買い物魂をくすぐられずに済んでいるんだけど)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

安い宿も見つけました!
というか、以前メキシコシティで出会った旅人に
教えてもらった宿なんだけどね。

その時は
サンクリストバルがどこにあるのかも知らなかったけど、
何気なく話しを聞いてて
一応、地図に印をつけておいたの。

旅人たちの情報は
いつなんどき役に立つか分からないので、
しっかりメモっておくべきだやね。(と今回すごく思った。)

Casa Jardin(カサ ハルディン)というお宿。
ここは若くて超フレンドリーなメキシコ人夫婦が経営しているお宿です。
欧米人バックパッカーに人気がある様子。
広いツインルームで1泊1人50ペソ。(=約500円強)
DSCF1215.jpg

このお値段で、なんと朝食付き
共同キッチンも付いていて、
調味料や食器類も使い放題。
一日中コーヒーとお茶が飲み放題。
洗濯機もタダで使い放題。
インターネットカフェの30分無料券も毎日もらえます。
(ただし指定のカフェでは日本語フォント使えず…)
なんで、こんなにサービス満点なの!?!?って感じです♪

DSCF1260.jpg
中庭も広々していて快適♪
DSCF1262.jpg
くつろげるスペースもたっぷりあるのだ♪

しかもね、
この家のアイドル犬、イゴールも超フレンドリーでかわいいの!!
DSCF1235.jpg
ありッ?黒い犬って顔が写らない…?

DSCF1239.jpg
しかも彼は写真が嫌いらしい(´∀`;

メキシコには野良犬が多いんだけど、
ペット化されていないので、
みんなスゴク動物っぽいというか、
ある意味ちゃんと犬らしい犬たちばかり。
人間に愛想ふりまいたりしないもん。

まだ会って3分も経たないワタシに
ひっくり返ってお腹なでてくれ~って催促してくる
イゴールの人なつっこさが
妙に新鮮で、なんだか笑えた。

ペット犬って
完全に野生を忘れてるね。(笑)
(日本じゃ見慣れてる光景なんだけど)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

近頃、ワタシたちは【自炊】を心がけています!

メキシコは物価がそんなに安くないので
毎食、外食してると出費もバカになりません。

なるべくキッチン付きの宿を選ぶようにして、
自炊することにしました。

とは言っても
日本じゃ、まっっったく料理をしなかったので
完全なる創作料理です。

…って今、
恐ろしいモノを想像した人も多いかと思いますが、
不思議と、まぁまぁイケちゃってるよ?(笑)

自分たちで作れば
お野菜も好きなだけ摂れるしネ(^―^)

これから徐々に
料理のうまそうな人を捕まえて、
少しずつ美味しい簡単レシピをゲットしたいと
たくらんでいます。
(読者の皆様からも随時、募集中~♪)




スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

ミステリーなパレンケ

《パレンケ 2日目》


オアハカから夜行バスで14時間。
パレンケ(Palenqe)という街に来ました。

パレンケ、暑い~~ッッッ ┗(;´Д`)┛

朝晩は長袖が必要だったオアハカから、
いきなり熱帯ジャングル気候です。
湿度満点で不快指数かなり高いです。
日本の真夏のようないやぁ~な暑さ。

「パレンケ」の町自体はすごく小さくて
特に見どころもないんだけど、
“パレンケ遺跡”が有名です。

800年間もの間、
人知れずジャングルの中に眠っていた遺跡なんだって。

もちろん、ワタシたちも行ってきたヨ!

「なんかスゴイなぁー」ってゆうのは感じるんだけど、
それ以上に、暑さと体力との戦いだったぁ (;´Д`A ```
遺跡はまさにジャングルん中にあるわけで、
アップダウンも激しいし。
遺跡が現れりゃ、
流れ的に?登らなきゃいけないし。(苦笑)

遺跡に思いを馳せる余裕なんて、
全然ねッ!!!

気候のいい場所にあったら、
けっこう感動したと思うんだけど。(笑)

P1210977.jpg

P1210986.jpg

P1210989.jpg
う~ん。写真で見ると残念な位、爽やかな絵。

とにかく。
いい汗かいてきました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで。
ワタシにとって、
遺跡よりもミステリーなことが
この町にはあるんです。

それは・・・
この町の人々が全員不機嫌だっていうこと。・・・(-_-;)

「ニコって笑うと無駄な汗をかく」とでも思っているのか、
決して笑いません。

宿のスタッフ、
売店のおばさん、
レストランのウェイター、
観光地の受付の人etc…
誰も彼もがムスっとしていて
何を聞いても
思いっきり面倒臭そうな表情や
イラついた表情で、
適当にあしらわれます。

ここまで町全体で徹底していると、
「いったい、この町に何があったんだ!?!?」と
ミステリーを感じずにはいられません。(笑)

でもまぁ、たしかに一年中この気候じゃ
不機嫌にもなるかなぁ…。
ちょっと同情するかも…(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

でもねワタシたちが今泊まっているホテルは
すっごいご機嫌な場所なのヨ♪

DSCF1148.jpg

DSCF1145.jpg


南国リゾートな雰囲気のたたずまいで
なんとなんと、プール付きッ (*^-゚)vィェィ♪
DSCF1160.jpg
一日に何度も、プールに飛び込んでます!

一見、高級そうなこのホテル、
意外とお安いの。
ダブルベッドが2つあるツインルームで
1泊1室300ペソ。(=約3000円強)
DSCF1172.jpg
敷地内の地図。結構な広さです。

それにしても
ワタシたちが通常泊まっているホテルの相場にしては
お高いんですが、
今回は夜行バスで知り合ったオーストラリア人カップルと
お部屋をシェアすることにしたので
ちょっと贅沢気分を味わえちゃってるのでーす *´∀`)*´∀`)♪

つまり1泊150ペソね。
ラッキィ♪

オーストラリア人カップルの
ジェームス(♂)&ジュリー(♀)は
明るくてすっごい感じのいいカップル。
いっぺんで大好きになっちゃった。

ワタシはオーストラリアに
ワーホリ滞在経験があるので、
オージーとは話しやすいんだよね。
彼らはたいていフレンドリーだし、
日本人にも結構慣れてることが多いし。

こういう出会いが
タビを一層楽しくしてくれるね。

開放的な雰囲気の宿で
のんびりリラックスして過ごせたし
楽しい思い出ができたよ ヽ(*´∀`)ノ
DSCF1162.jpg


パレンケ・・・
人は決して優しくないのに、
嫌いじゃなかった。(笑)
不思議な魅力のある場所だったなぁ。



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

オアハカ 2日目

メキシコシティからバスで6時間。
オアハカ(Oaxaca)という街に来ています。

3500円もかけて来てみたものの・・・・
「え~っと。」
「・・・ところでうちら何しにココに来たんだっけ?」

・・・(´∀`;A

何の目的もなく来てしまったオアハカ。

おっかしいなぁ~。
ずっと前にすごくいい場所って聞いてたような、
聞いてなかったような・・・。
うはは┌(。Д。)┐

街はコロニアル調でキレイだし
まぁいいとこっちゃあ、いいとこだね。
P1210881.jpg

P1210876.jpg


でもねー
ほんっと特にやることないの。

とりあえずこの街、唯一?の見所、
「サントドミンゴ教会」に行ってみました。
ここは、かなり、すごいよ!
特に中の装飾がう~っとりするくらい綺麗。
P1210874.jpg

P1210885.jpg

P1210893.jpg

P1210884.jpg
写真撮影はフラッシュをたかなければOKです!
おおらかな国だわ♪


あっとゆう間に観光、終了。

…んだらば、なんか食べますか。

と、市場に行ってみました。
市場って
その土地の人たちの生活が垣間見れて
楽しいから好き♪
P1210912.jpg

P1210909.jpg

P1210908.jpg

P1210907.jpg

P1210900.jpg

P1210898.jpg

写真ダメ!とか言われることもあるので、
慌てて撮ってますヾ(;´▽`A` ...ブレテテスンマセン

メキシコの市場はアジアの市場と違って、
すごくキレイ&清潔です。

市場には安い食堂もあるし♪
貧乏旅行者の強い味方です。

今日も、店の客が食べてるものを
ウロウロ覗き見しながら、
おいしそうなメニューを物色。

で、コレを食べてみました。
チキンカレー?
DSCF1136.jpg
見た目はカレーっぽいけど、
味はやっぱり日本で食べるようなカレーじゃないな。

でも辛かった。
(ん?…じゃ、カレーなのか!?笑)

ワタシには辛すぎて
途中でTOMOちゃんにバトンタッチ。

でも美味しかったよ!

DSCF1132.jpg
奥に居る太ったおばちゃんが作ってます。

あとね、
ワタシがメキシコで気に入ってるメニューはコレ!
P1210901.jpg
コンソメチキンスープのリゾット風?

タコスとか油っこい料理が多いメキシコでは
救世主のような胃に優しいメニューです。
(おかゆみたいな感じ)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

オアハカは全て見尽くしたので(たぶんウソ)、
明日はまた移動します。

次の目的地は「パレンケ」。

ジャングルに眠っていた遺跡が有名な土地です。

ここからバスで14時間。

どんなとこかな~。






ルチャリブレッ!

≪メキシコシティ6日目≫


今日はメキシコの【子供の日】なんだそう。
街では、
子供たちがオモチャや風船を持って
楽しそうに歩いています。

この日はタダでオモチャがもらえるんだって。
(どっからもらえるのか知らないけど)
メキシコの子供たちにとっては
めっちゃ楽しい一日になりそうだねぇ~(^―^)♪

そんな子供の日におれらは
ルチャリブレ(メキシコプロレス)に行ってきましたッ!
P1210841.jpg
ルチャリブレの会場です。

地元の人たちにもすごい人気でめっちゃ盛り上がるらしく
TOMOちゃんと2人だけで行くのは
なんだか心細いなぁ~と思っていたので、
ペンションアミーゴの泊り客の皆さんに
声をかけてみたところ
「行く!行く!」という返事がたくさん返ってきて
結局総勢8名で出かけることになりました♪

内、2人はルチャリブレ観戦の達人です。
(う~ん、心強いッ)

メキシコシティには
ルチャリブレの会場が大小2つあって、
通常日曜日は小さい方の会場で開催されるのですが、
どういうわけか、本日の試合は特別らしく、
大きい方の会場で催されることになってました。
(こんな情報、おれら2人じゃ、わからんかったぜ…汗)

ワタシたちは一番お安い席(2階の自由席)で観戦することにしました。
達人の2人は選手が登場する花道のすぐ脇の席を
ダフ屋から買ってた。・・・さすが達人。(笑)

一番お安い席は30ペソ。(約300円強)
安いでしょお~~!
それでも、見物程度のワタシたちには
十分満足できるくらい見えたよ。

P1210831.jpg
肉眼でこの位。

P1210834.jpg
ちょっとズームで撮ってみた。

客層はガラの悪いマッチョな親父が多いのかと思いきや、
子供連れのファミリーや若い女の子のグループがいたり、、、
かなり健全な雰囲気。

“賭け”とかはなく、
みんな純粋に試合を楽しんでいます。
子供からお年寄りまで、広く愛されている娯楽のようです。

内容は噂通り!
「試合」というよりも「ショー」みたい。(笑)
2:2や3:3、4:4のチームの3試合制で
善玉が勝って、
悪玉が勝って、
3試合目で善玉が勝利!!イェイ!
みたいなシナリオ。
わかりやすいっ。

んでもって、
悪玉が泣いてみたり、
ちょっとお笑い系のリアクションをしてみたり、
善玉が仲間割れしてみたり。(笑)

みんな笑ったり、
叫んだり、
ブーイングしたりって
超盛り上がってた。

今、一番人気?といわれてる
「MISTICO(ミスティコ)」という選手が最後の試合で
出てきた時はすごかった~。
会場中が割れんばかりの声援で
照明もいちいちピカーッって光らせたりして
大盛り上がり!!
P1210833.jpg
※ほんとはカメラ持込禁止。…警備員に見つからなきゃOKっす。

でも彼の試合だけは、
最後善玉が負けてたよ。(ミスティコは善玉)
最後ミスティコのマスクも剥がされたりして!!
仲間の善玉が
必死に彼の顔を隠してた。(笑)

子供の日に
子供の夢を裏切るような演出で締めちゃっていいの~??って
ちょっと余計な心配をしてました。(笑)

あとから聞いた話によると
ミスティコはよくマスクを剥がされるらしい・・・
(どんなヒーローだよッ!)

会場の前には露天が沢山出ていて、
ルチャリブレグッズが売られています。
P1210820.jpg

P1210822.jpg

P1210823.jpg

P1210824.jpg

子供たちは真剣な目で
オモチャを選んだり、
マスクを試着してます。

帰りの電車の中は
マスクをかぶったガキんちょが
わんさか乗ってて、笑えたよ。

ワタシも買っちゃったョ!
マスク!
DSCF1120.jpg


って、うっそ~ん。



実は・・・
DSCF1121.jpg
マスク型の小銭入れなのでした(^□^)
お茶目でしょ?
ちなみに一個40ペソ。(約500円弱)
皆でいっぱい買うから!!まけて!!!
ってかなりしつこくお願いしたけれど、
1ペソたりともまけてもらえなかった…orz

ルチャリブレ!
プロレスに興味のない人が
ひやかし程度に見に行ってみるだけでも
結構楽しめちゃうので
オススメですわッ (*^-゚)v♪




テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

メキシコシティ4日目


日本人宿【サンフェルナンド館】に2泊した後、
結局お値段が張るので、
もう一軒の日本人宿【ペンションアミーゴ】へ引越しました。

こっちはいいよ~ *´∀`)
一泊一室約12ドル。
二泊目からは10ドル!
サンフェルナンド館の三分の一の料金だもん♪
(その代わり?絶対貧乏人しか来なそうな…(失敬ッ!)そんなたたずまいのお宿です。)

このお値段で朝ごはんも付いてるの!
ただし、一定量しか作らないので、早いもの勝ち。
寝坊しちゃうと、朝食にありつけません。

思っていたよりもずっと物価の高いメキシコでは、
ものすごく助かります。
旅人の味方だわッッ。

実はここはかなり昔からある
バックパッカーの間では超有名な日本人宿なんです。

ワタシもずいぶん前から名前だけは知ってたもん。

その時の管理人や宿泊客の雰囲気で、
宿の雰囲気もだいぶ違うみたいですが。

今、一緒の時期に泊まっている宿泊客の人たちは
みんな、自然体ですごーくいい人たち。
超変わり者オーラを出して絡みづらい人とか
旅の武勇伝自慢ばっかりしてる人とか、
世界を知ってるぜ!的なイキがってる輩とか…
いかにも日本人宿にいそうな…ウザイ人がいません(笑)。

まだ一泊しかしていないけど、
とっても居心地がいいです♪

宿周辺の安いネットカフェや
食材を買える場所や
学生証の作り方だとか…
色々詳しく教えてくれたり。

今週の日曜日には
メキシコ名物【ルチャリブレ】(メキシコのプロレス)を
一緒に見に行く予定です♪

ルチャリブレは日本でもファンが多いみたいだね。
善玉と悪玉がハッキリ分かれていて、
最後には必ず善玉が勝つという決まりになっているんだって。(笑)
格闘技ってゆうよりも、
エンターテイメント性が強いんだね。

格闘技に特別興味のないワタシでも
十分楽しめそう (^□^)

この宿にもハマってる人がいて、
「どうせ見に行くなら、このレスラーのを見といた方がいいよ!!」と
強くオススメされてる試合に行ってきます。(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日本を出発してから
ロス2泊

ティファナ2泊

グアナファト3泊・・・と
ずっと移動移動の生活をしていたので、
昨日あたりは疲れのピークに達してました。
物価が高いので、
どうしても早足で移動せざるを得なくて。

また慣れない食生活、
通じない言葉、
治安の悪そうなメキシコシティでの緊張感
で精神的にも疲れちゃってたみたいで。

お安いペンションアミーゴに泊まることができたので、
やっと少し、心身共に休める余裕が作れたって感じ。
(つくづくありがたやぁ…)

昨日、今日と
音楽を聴きながら
宿でPCいじったり、
ゴロゴロして過ごしてます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

とりあえず、
無事、ブログがアップできてよかったっす。
便秘が解消されたような……爽快さですゎ♪



中米の大都会

グアナファトに3泊した後、
メキシコの首都・メキシコシティにやってきました。

グアナファトからバスで約5時間。
メキシコの長距離バスは、
デラックス・1等・2等とランクが分かれていて、
それぞれの待遇がぜんっぜん違います。

2等はバスの車体が古く、定員以上に人を乗せるので
快適な移動は期待できません。
しかも主に街や村を結ぶローカルバスになっているので、
あちこち停まるので時間もかかるし、
色んな人が乗り降りするので
安全面でもあまり安心できないらしい。

というわけで
外国人旅行者はたいてい1等バスを選ぶことになります。
もちろん、ワタシたちも。

飛行機でいう、ビジネスクラス位あるゆとりの座席♪
サンドイッチとクッキーと飲み物のサービスもあり、
エアコン、トイレ、映画上映まであります。
こりゃ、かなり快適でっす(^―^)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

メキシコシティは超巨大都市。

「混沌」
「繁雑」
「大気汚染」

そんな単語が当てはまる街。

道路にはゴミが沢山落ちているし、
民家の門は鉄格子になっていたり、
人相の悪い人も沢山いたり。

治安の悪そうな雰囲気がムンムンとしていて
今まで見てきたティファナ・グアナファトとは
まったく別の国にいるみたい。

この街をどういう風に楽しめばいいのか、、、
まだ掴めないでいます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ここメキシコシティで
ワタシたちが宿に選んだのは
いわゆる「日本人宿」と呼ばれるところ。

日本人宿には旅の達人たちが集うので、
ワタシたちがこれから旅する、
中南米・南米のリアル情報を入手できるかも♪
という期待を込めての宿泊です。

メキシコシティには有名な日本人宿が2つあります。

【サンフェルナンド館】と【ペンションアミーゴ】

サンフェルナンド館の方が、
料金は高いけれど、年齢層も高そう…という勝手なイメージを理由に
サンフェルナンド館に行ってみました。

三階建の建物の中央が吹き抜けになっていて
明るく清潔な宿です。
内装もセンスがよくお洒落な雰囲気。

予約なしで行ったら、
一番高いシャワートイレ付ツインの部屋しか空いてなくて (・_・;)
一泊一室30ドル。

グアナファトで泊まってた宿は
一室約20ドルだったんだけど、
それでも高いな~と思いながら泊まっていたのに(TωT)

ま、荷物も重いことだし、
とりあえず泊めてもらうことにしました。

移動日は知らない街を電車やバスを乗り継いで、
ウロウロしなくちゃいけないから、
めっちゃ体力消耗するし緊張もするし、、、で
すんごい疲れます。

宿が決まると、かなりホッとするわ~。



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

世界遺産の街へ

日本を出発してからちょうど一週間が経ちました。
今はメキシコのグアナファトという街にいます。

ワタシがイメージしていた

サボテン!
テキーラ!
ポンチョ!
とんがり帽子!

という「メキシコ」のイメージとは程遠く、
中世ヨーロッパのおとぎの国のような
素敵な街並みに感激しています。

グアナファトは
中世ヨーロッパを彷彿とさせるコロニアル都市で、
街全体が世界遺産として保護されています。


DSCF0955a.jpg

DSCF0987a.jpg

DSCF0991a.jpg


実際、メキシコには
こうしたコロニアル調の歴史的都市が
多く残っているそうです。
中でも、ここグアナファトは一番美しい街として
人気の観光地なんだって。(うなずける。)

この前にいた、ティファナとはだいぶ違って、
日本語で話しけられることは全くないわ。
さすがに、ここへ日本人が来ることは少ないのかな?

特にコレ!という観光スポットはなく、
街の散策が一番の見所。
中心地はそんなに広くないので、
一日のんびりぷらぷら歩いて過ごすのにちょうどいい感じ。

DSCF0971a.jpg

DSCF0973a.jpg

DSCF0977a.jpg

DSCF0980a.jpg

DSCF0983a.jpg

DSCF0984a.jpg


街のどこをとっても絵になっちゃうので、
2人してついつい“カメラ小僧”状態になっちゃってます。

そして。
一番の見所が【ピピラの丘】からの眺め!
ここからグアナファトの街全体が見渡せます!
これが超~最高なんです♪♪♪

   ※ピピラの丘に上る時はケーブルカーを使いましょう。
   歩いても行けるんですが、時々強盗がでるらしいです。


特に夕方から夜景までの時間帯に
のんびり丘の上で過ごすと
街の色がどんどん変わっていく様子が堪能できて超キレイ!

DSCF1015a.jpg

DSCF1026a.jpg

DSCF1019a.jpg

DSCF1030a.jpg

こんなに素敵なスポットなのに、
人がごったがえしていないのが、また素晴らしいッ!
日本だったら、観光バスとかバンバン来て
ムードも台無し!!ってことになりそうだもんね。。。

グアナファト、かなりイイです。
新婚旅行とかにもオススメですわ♪


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで。
噂では聞いていたけど、
メキシコでは本当に英語が全然通じません!

数字すら、英語じゃ通じないッ!

しかも、こっちの人は
明らかに外国人であるワタシたちに
スペイン語が通じるかどうか確認することもなく、
ペラペラとしゃべっています。

「ジェスチャーで伝える」という手段も
めったに使ってもらえません。

でも、これは決して意地悪とかじゃないのよね。
メキシコの人たちは基本的にみんな親切。
質問すると一生懸命教えてくれるの。
・・・スペイン語で。
(´∀`;A

時には、
ゆーっくりスペイン語で話してくれるんだけど(汗)
「スピードの問題じゃないんです」伝えることもできず…( ;∀;)


スペイン語が分からない自分が歯がゆいです。

予想以上に大苦戦しとります…(;´Д`A ```

日本で買った、
『旅の指差し会話帳』がマジで手放せないよぉッ!!
DSCF1055.jpg

DSCF1056.jpg
(持ってきてよかったぁ~~~!)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。