世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 桃源郷 ~

「イスラム圏、嫌いっ!」と言いつつも、
じゃあ、なぜ、パキスタンに来たのか?

それは、ですね。
ずぅーっと、ずっと、前から、
まだ南米を旅していた頃から、
沢山の旅人達に、
【Hunza フンザ】の話を聞いていたから。

その【Hunza】と言うのは、
雪山の山脈に囲まれた小さな村の名前。
あの “風の谷のナウシカ” の舞台になったと噂され、
春には杏の花が咲き誇り、
秋には木々が紅葉し、
それは、まさに、
桃 源 郷、 だと。

村人たちは穏やかで、
旅人達に優しく、
物価も安い。

30年以上も前から、
日本人バックパッカー達に
愛され続けてきた秘境だ、と。

こんな素敵な話を
数々の旅人たちに聞かされていたので、

そりゃあ、もう、ワタシだって
絶対に行ってみたいッ!!!
と、

ずーっと憧れていたその村が、
なんと、この、パキスタンにあるっていうんですから。
仕方ないじゃありませんかぃッ!


ムフフ… (*´m`*)


ついに、来ちゃいましたョ。
HUNZA~!!!


DSCF0361.jpg
どーですよ、この景色。
インドでダラダラしちゃったもんで、
とうとう杏の季節には間に合わなかったけども。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

HUNZAには、
外国人旅行者たちが集まる有名な安宿が
主に3つ、あります。
 ●料理上手で有名な “コショーさんゲストハウス”
 ●ハイダー爺がカワイイと噂の(?) “ハイダーINN”
 ●オーナーが勝新に似てる “OLD HUNZA INN”

しかし…。
コショーさんは、料理上手らしいが、
ものすごい怠け者で、部屋は汚いし、
彼自身、半分目が死んでたし…。(苦笑)

ハイダー爺の宿は悪くはないが、
人が多すぎて、のんびりゆ~っくりできる環境じゃなくて…。

OLD HUNZA INN は、なかなか良さそうだったけど、
料金が若干高い…。長居するには安くないと、ね。

と、まぁ、上記3つの宿は、どぉーもしっくりこなくて。

せっかく、憧れのHUNZAまでやって来たんですからッ!…と、
もう、沈没する気マンマン( ̄‥ ̄) = =3!のワタシ達は、
宿選びに妥協はしません!!
最高の環境で、心置きなくノンビ~リしたいもんねッ♪

さんざん、宿探しをした結果、
ワタシ達が選んだ宿は、こちら!

P1080983.jpg
ハイダーINNのすぐ目の前にある、“TOURIST COTTAGE”
部屋が4つしかない、小さなお宿。
とっても清潔だし、眺めの良い静かなお庭もあって、
上記3つの宿より料金も安い!
1泊1室 250ルピー(325円)ですよ!



P1080984.jpg
“TOURIST COTTAGE”のお庭。
4室しかない宿なので、客も少なく、
毎日この環境を独占できちゃうのダ♪



DSCF0342.jpg
お庭の目の前に広がる景色!
すごいでしょー (*´ー`)?



P1080805.jpg
お天気の良い日は、お庭で朝食ですよ。
ワタシのお気に入りメニューは、
フレンチトースト&ミルクティー。


P1080764.jpg
ニャンコも遊びにくるの♪
異常に懐いてきて、超かわいいー♪


いやぁー、もう、最ッ高やね♪
毎日、めっちゃ、いい気分♪♪♪

もう、これって、スイスみたいじゃない?
(行ったことないけど… 笑)

ラホールとか、
ペシャワールとか、、、なんだか、もう別世界!
同じパキスタンとは思えませんゎ!

いやぁ~、こういう所に来れると、
「旅しててヨカッタなぁ~~~!!!」って
しみじみ思っちゃうね。
(↑意外とこういう瞬間って、少ないのょね…。)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

HUNZAでは、特にやることも何っも無い。

庭で本読んだり、
猫と遊んだり、
洗濯したり。

たまにお散歩。

P1080916.jpg
この辺りは、石だらけ!
な~んでも石でできてる、石の国。
村には、妖精でも住んでいそうな(?)、
こんなかわいらしい石の家が建ち並ぶ。



P1090002.jpg
お散歩していると、必ず出会う、好奇心旺盛な子供達。


P1080918.jpg
この辺りのおじいさん達は、皆、この帽子をかぶっている。
これも、なんだか妖精っぽくて、かわいい~の♪



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最後はこちら!
“TOURIST COTTAGE” のオーナー【ムサさん】です。

5.jpg
彼は、大学時代に勉強したという、日本語がペラペラ!
とっても親切で、誠実で、働き者で、お料理も上手♪
30歳、独身。
日本人のお嫁さんが欲しいな~と
はにかみながら話していました。
どなたか、いかがです?(笑)


スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

男だらけの町

前回は怒りにまかせて、悪口ばっかりを書いてしまったゎ。
皆様からの同調コメントをいただいて、
ワタシの怒りもやっと治まってきたよ…。

まー、とにかく、イスラムの国っていうのは、
日本人のワタシらにとって、
かーなーり、特殊な国なんですわ。

イスラム国未体験の方にとっては、
「街中、男だらけ!」…って、
実際どんなことになってんの!?!?と、
想像すら難しいことと思います。

というわけで。
今回は、パキスタンの中でも、
特に男臭~い町「ペシャワル」の街角Photoを紹介しまーす。

ペシャワルは、アフガニスタンの国境に近い町で、
アフガンから流れてきた血の気の多い(?)部族の皆さんが
多数住んでいる場所。

あの有名な “タリバン” なんて言う方たちも、
沢山いらっしゃるのであります。

 ※旅行者が行っていい場所と、
 行ってはいけない場所があるので、注意が必要です。
 また、治安も不安定なので、随時安全情報を確認してから訪れましょう。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アフガニスタンマーケットへ出かけてみた。
(念のため、ガイドを付けて行って来た。)

外国人が珍しいのか、カメラが珍しいのか?
町中のひま人たちが、
ワタシ達の後を延々と、くっついてきます…。

パッと振り向くと、このアリ様…( ̄ロ ̄;)!
DSCF0056.jpg
まるで、「ハリウッドスターがやって来た!!!」みたいな勢いで、
はしゃぎまくる子供たち。
いや、大人もか…!?


ガイドが追い払っても、追い払っても、
振り向けば、このあり様… (苦笑)
↓↓↓
P1070439.jpg
勢いがあり過ぎるだけで、
一応、彼ら的にはWelcomeムードなんですけどね。



カメラを持ち歩いているだけで、
勝手にポーズをキメている人達。。。
↓↓↓
P1070470.jpg


P1070490.jpg
こちらは羊の脚、専門店?


DSCF0077.jpg
こちらのおじいさんにも「俺を撮れ!」と催促されました。
帽子とお髭が、いかにもイスラム男!



P1070526.jpg
こちらの男の子達は、いわゆるアフガン難民だそうです。
1Kgのゴミを集めるごとに、2ルピー(2.6円)もらえると言っていました。
ワタシ達が使わなくなった大判の布をプレゼントしたら、
思った以上に大喜びされた。
(朝晩はかなり冷えるから、防寒用に。)



P1070425.jpg
お肉屋さんで扱う肉は、すべて羊肉。
さばいたばかりの羊を部位にわけて販売してます。
ちなみに、こっちの人達は羊の脳みそ料理も普通に食べてた。
写真真ん中あたりにある白っぽいのが、脳みそ。



P1070392.jpg
こちらはパキスタン名物のギラギラド派手トラック。
これじゃ、前がよく見えないじゃない?ってくらい、
外も中もコッテコテ!!



P1070618.jpg
街角食堂。
メニューは一種類で、豆のカレー!
これがなかなか旨かったョ!
油っこいけどね…。



P1070398.jpg
こちらはチャイ屋(お茶屋)さん。
パキスタンでは普通、インドと同様、
ミルクティが主流なのですが、
アフガニスタン文化の影響が強いペシャワルでは、
緑茶が飲めるんです。
日本人には嬉しいねぇ~。


P1070408.jpg
油ギトギトのコッテリ料理ばかりのパキスタン。。。
この緑茶は、かなりありがた~い♪


そして最後に珍しい?ショット。
DSCF0073.jpg
たまにはいるのよ、女の人も。
こんな風に全身、すっぽり覆い隠して…ね。
たいていは旦那さんとか、息子と一緒。
または女性だけのグループで歩いているので、
女性の一人歩き…というのは、まず見かけない。
(ラホールのような都会では、女性が顔を出して堂々と歩いている姿もちらほら見かけた。)



どうですか!?
この男臭~い、独特な雰囲気。

女性達は、一生の間、
ほとんど家の中で暮らしているんですょね。
日本では、ちょっと考えられない!!

ホント、ワタシはイスラム国に生まれないでよかったよ…。


イスラム国の悪夢

パキスタンです。
また、イスラム国。

ワタシ、イスラム圏、嫌いです。

なぜって、
羊肉が臭いから!
お酒が飲めないから!!
男たちの視線がウザいから!!!

これまで何ヶ国、イスラムの国を訪れたかしら?
モロッコ、トルコ、シリア、ヨルダン、エジプト、イエメン…
そしてパキスタン。
7ヶ国目だ。

羊肉の臭さも、
お酒が飲めないのも、
まあ、なんとか我慢はできる。

んが。
イスラム男たちだけは、
もぉ、マジ、勘弁 ヽ(#`Д´)ノ!!!!

日本には、イスラム教徒がほとんどいないので
あまりご存知ない方も多いかと思いますが。

イスラム教には、厳格な規律がいくつもあって、
彼らは、それを忠実に守りながら生活をしているんです。

例えば、
1日5回、メッカの方向に向かってお祈りをする。とか、
年に1度、1ヵ月間(日中のみ)の断食をする。とか、
豚肉を食べてはいけない。とか、
お酒を飲んではいけない。とか。

宗派によって、細かいルールは異なりますが、
全般的にかなり禁欲的な生活を送っているわけです。

そして、特に女性は、家の中で過ごすことが良し!とされていて、
自分の夫(または親)以外の男性に
その姿を見せる事を良しとしません。
外に出る用事は、基本的に全て男性の役目。
食品の買出しですら、男がするのが当たり前。
なにしろ女性は極力、外出しない。というのが、
イスラム国での常識なのです。

そのため、女性の外出時には、
頭にはスカーフをかぶり、
体を覆い隠すように長袖&長丈のドレスを着て、
できるだけ髪の毛と体の線がわからないような服装をしなくてはいけません。
(厳格な地域に行くと、
黒い布で、顔面まですっぽり覆い隠して
歩いている女性たちも全く珍しくない。)

国と地域によって、
女性達の露出度合いは異なるので、
その都度、周りを見渡してみて、
現地の女性達の例に習うように、
ワタシも服装にはかなり、気を遣っています。

まあ、そんなわけで。
イスラムの独身の男たちにとっては、
【女性】と関わりあう機会が
めったにないわけです。
家族に男兄弟しかいない男子の場合、
顔を見ることができる女性はお母さんのみ!

町は、見渡す限り、男だらけっ!!!!

日本では、考えられない光景ですが…
実際に、そんな世界なのです。

いっくら神様が禁止したって、
健康な男子であれば、
女性に興味を持つのは、
自然の摂理。

それを、宗教というルールによって、
徹底的に抑圧されたまま、
思春期、青年期を過ごすわけですよ。

そりゃあ、当然、
異性に興味を持ち出すその時から、
大人になって、両親が嫁を探してきてくれるまで、
ずぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
何年も何年も、モンモン…モンモン…としたまま、過ごすわけですよ。

もちろん、イスラム圏には、キャバクラもなければ、
エロビもないし、風俗店だってない。

ただただ、ひたすら、モンモンモン…ですよ。

どうですか?
想像するだけでも、恐ろしくないですか?

もちろん、独身男性だけの問題じゃない。

あれだけ血の気の濃いぃ~人種だもの。
既婚男性だって、自分の嫁だけでは飽き足らず、
他の女性に興味深々です。

つまり。
イスラムの町では、
性的欲求不満で爆発寸前 の男たちだらけ。

女性の姿を見ただけで、
鼻息が荒くなってしまう人たちです。

女性の皆さん、怖いでしょお??
っていうか、もう、こうなってくると、
性的関心が、男性にまで向けられてくるんですけどね。
(イスラム国はホモも多い。とくに、パキスタン…ね!)

こんな世界ですから。
外国人の女性旅行者なんかは、彼らにとって格好の的!

自分らの都合で、勝手に禁止している掟を棚に上げ、
“イスラムの女性じゃなければ、いいんだもんね~♪”とばかりに、
痴漢の標的にされるわけ ヽ(#`Д´)ノヽ(#`Д´)ノヽ(#`Д´)ノ

痴漢まで働かないにしても、
男たちは、容赦なく、遠慮なく、上から下まで舐めまわすように
ジト~っと、気色悪い視線を送ってきます。
もぉ、あれが、不快で不快でたまらないっ!!!!!ヽ(#`Д´)ノ

日本でも、露出の激しい格好をした女性がいると、
男性は、つい、チラっと見てしまうことあるでしょ?

本当は、思う存分、じ~~~っくり見たいんだけど、
理性が邪魔して、ついチラ見程度になってしまう…という経験、
男性ならあるでしょ??

それをヤツらは、理性を働かせたりしないわけですよ。
普段のウップンが有り得ない位たまっているから、
【今、見なきゃ、損!!】とばかりに、
本能のまま、見たいだけ、じぃ~っくり、舐めまわすように見る。

相手の気持ちなんて、考える余裕はない。
相手に不快な思いをさせているなんてことは、考える余地もない。

ヽ(#`Д´)ノ ジロジロミテンジャネーヨ!!! ヽ(#`Д´)ノ 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いかん!いかん!
つい、熱くなっちまいました。
失敬。失敬。

ホント、これって、不健全じゃないですか?
そのルール、やめた方がいいよ!と教えてあげたい。
だって、なんもいい事ないじゃんね?

あ。
つか、その前に自分が、
イスラム圏行かなきゃいいのか…。
ダヨネダヨネ…

イスラムの国は、パキスタンで最後!
インドから中国に抜けたいから、
通り道で仕方ないの!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回こんなに熱くなってしまったのは、
また、痴漢に遭ったから! ヽ(#`Д´)ノ!!

イスラム圏にも、いい点が沢山あるのよ。
それ知ってるのよ、ワタシ。

ただ、この、欲求不満増産制度だけは、
本当にどうにかした方がいいっ!!と思うわけです。
(とワタシがここで言ったって、どうにもならん事ですが。)

女性の皆さん。
イスラム圏を旅する際には、1人旅はオススメしません。
そして、彼らのはち切れんばかりの性欲を刺激しないように、
本当に気をつけましょうね。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。