世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴール!と、思いきや… 

先日、アフリカ縦断達成~!と、
喜びの報告をしたばかりですが。

実は、まだ、あと1つ、
アフリカでのお仕事 が残っていたことが、判明。

ワタシ達はこの後、インドへ飛ぶ予定なんですが。
インドへ入国するには、【ビザ】と言うものが必要なんですねー。
1分でも早くアフリカ大陸を出たいッ!という思いにかられるあまり、
大切なことをすっかり、忘れておりました。 (;・∀・)

早速、ケープタウンで取ろうと、調べてみたら。
なーんと、ヨハネスブルグまで行かないと取れないらしい…。
げげげっ。
あの、世界一治安が悪いことで有名なヨハネスブルグには、
行きたくない!!って思ってたのに~~~。
これだけでも十分に気が重い仕事なのですが。

更に、この【インドビザ】というのが、
結構な、クセモノで。
どこの国で取得するにも、
多くの旅人たちが苦戦を強いられ、
悩まされることで悪名高いシロモノなのです。

インドの官僚は、態度が横柄で、
仕事は超ウルトラマイペース。
通常でも、ビザ発行までに一週間程度は待たされる上に、
彼らのご機嫌を損ねると、
一言「Tomorrow!(明日!)」と言い渡され、
いつになってもビザを発行してもらえない!と、
気の重くなるウワサを何度も聞いていました。

ムムム。さすが、アフリカ!
そう簡単には、脱出させてくれないってことですね?!
まさに。
これは、アフリカ脱出の、最後の難関です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

というわけで。
“リアル北斗の拳”の世界と言われる(?)
ヨハネスブルグにやってまいりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

シャレになんないくらい、治安のヤバイ!
ここ、ヨハネスブルグでは、
たいていの宿で、
バス停や空港まで無料ピックアップサービスをしてくれます。
バス停についたら、外には出ずに、
お目当ての宿に電話をいれましょう。

ヨハネスブルグの中心地は、
あまりの治安の悪さに、
ヒルトンホテルやハードロックカフェなど、
各国の観光主要都市では御馴染みの企業が
こぞって撤退したそうな。

そう言われる割に、
ワタシが車内から見たセントラルの様子は、
想像していたほど荒れ狂っているわけでもなく、
そんなに恐ろしいモノでもなかったけれど。
ただ、白人の姿ばかりが目に付くケープタウンとは
まるで違う国みたいに、黒人しか見なかった。

ヨハネスブルグに住む白人は、
中心地から離れた、高級住宅街に集まっているらしい。
ワタシ達が宿泊する宿も、そっちのエリア。
(治安もだいぶ良いです)

ケープタウンから、ヨハネスブルグに来て、
“南アフリカの現状”を
ハッキリと見せ付けられた気がします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ちょっと話が逸れましたが…
インドビザ!

こんな特殊な(?)事情の街なので、
自分達で自由に街中を動き回るわけにもいかず、
宿の人に協力をしていただき(もちろん有料で。)、
インド大使館へ連絡を入れてもらったり、
車でインド大使館へ連れて行ってもらったりしながら、
ビザを申請。

ちなみに、昨日。
必要書類をそろえて、
意気揚々とインド大使館へ向かったところ、
インドの祝日のため、閉館~!
(って、オイ!前日に電話で確認入れてたっつーの!)
 ※電話に出た担当者は、質問にYes or No でしか答えないようなヤツだったため、
 翌日、ワタシ達が行くつもりなのを知っていながら、
 閉館のことは、教えてくれなかったんだよー。怒


くっそぉー。
ウワサ通り、手ごわい相手です。

ちなみに、インドビザの申請には、
インド行きエアチケットの証明を
一緒に提出する必要があるので、
前もって、チケットを購入。

10月10日のフライトです。
万が一、インドビザ取得に手こずってしまうと、
乗れなくなる可能性もアリ!という、、、
ギリギリの日程ですが、
ズルズルとココに長居したくないので、
【賭け】にでました。

「何がなんでも、絶対にっ!発行していただきますから、ね。」
( ̄‥ ̄) = =3  ガルルルルツ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「相手の機嫌を損ねると、面倒なことになるからね。」
「相手がどんな態度でも、怒っちゃだめだよ。」と、
さんざんtomoちゃんに諭され、
ワタシも一生懸命それを肝に銘じつつ…。
怒るよりも、泣いた方が有効的かな?なんて、
作戦もねったりして。

今日。
またまた宿の兄ちゃんに
インド大使館まで連れてってもらい、
今度こそ、本当にビザを申請してきましたぜ。

ワタシ達の担当窓口にいたおじさんは、
拍子抜けするほど、好感触だった *´∀`)♪

おじさん:  「なんで、ビザ、六ヶ月も必要なの?」(←やや顔をしかめながら。) 
うちら:    「インドでヨガを習いたいんです!」
         「6ヶ月ビザをいただくのは、難しいでしょうか?」(←健気な態度で。)

おじさん:  「へぇ~。そう。。。」(←ちょっと嬉しそう。)
         「じゃ、その旨をこの紙に書いておいて。」(と、白紙を渡された。) 

うちら:  
ヨガを習いたいので、6ヶ月ビザをお願いします!
ワタシ達は、インドの文化が大好きなんです!!
WE LOVE INDIA !!!
ちなみに、ワタシ達のフライトは10月10日です。
それまでに、ビザが必要なので
よろしくお願いします。


と、低姿勢かつ、お世辞たっぷりの文章を書いて、提出。

それを読んだおじさんの顔が
一瞬ほころんだのを、
ワタシは見逃さなかったね。
心の中で「ヨシっ!」と、ガッツポーズ!

通常、南アフリカで外国人がインドビザを取ると、
料金はR600(≒8400円)と激高なのですが、

おじさん: 「2人でR1200ね。」と言った後、
       「あ、ちょっと待って。君たち日本人だよね?」と言いながら、
料金表みたいなものを確認して、
       「じゃ、1人R220(≒3080円)にしてあげる♪」だって!超ラッキー♪

しかも、通常は受取日を1週間後に指定されるところ(電話で確認した時もそう言われた)、
受取日4日後にしてくれたよ!
すごいっ。
リップサービスの効果絶大。
インド人、結構単純。

昨日まで、インドビザのことで
かなり気が重かったんだけど…
今日のあの対応を受けて、
「こりゃ、イケそうじゃん?」と、
だいぶ楽観的な気分になれました。
(↑って、ワタシも単純。)

あとは、4日後。
ビザの受取りに行って、
恐怖の「Tomorrow!」宣告を
されないことだけを祈ります…



スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

アフリカ縦断、達成!!  

やりましたー!
みなさん、やりましたよー!
canoさん、アフリカ縦断、成功ですッ!!!

ヾ( ;∀;)ノ バンザーイ!
ヾ( ;∀;)ノ バンザーイ!
ヾ( ;∀;)ノ バンザーイ!

つーいーにッッ。
やってきました、ケープタウン!
アフリカ大陸の一番下!!!ですよ。

あー。
アフリカ、しんどかったな~。
もお、アジアに飛んじゃおうかな~と、
途中で何度、葛藤したことでしょう。

それなのに!
ちゃーんと、縦断達成しちゃったもんね!

結構、頑張り屋さんだなぁ~、オレ。
やる時は、やるんだよなぁ~、オレ。
また、惚れ直しちゃったなぁ~、オレ (=´▽`)ゞ 
って、もういい? あ、そう。

それにしても、
ケープタウンって、すんごく素敵。
景色も素晴らしいし、
気候も良いし(若干寒い位だけど。)、
街は洗練されていてオッサレ~だし、
スーパーマーケットに行けば、な~んでも揃ってるし!
安くて美味しいワインが、たらふく飲めるし!!!

もはや、ここはもう、アフリカって気がしませんよ。

南アフリカは物価が高い!とよく聞いてましたが、
ワタシはそうは思わないなー。
だって、ちゃんと質が伴っているんだもん。
ヨーロッパや日本と同じようなクオリティーで、
ヨーロッパや日本よりも断然お安いから、さ。
むしろ、お得感たっぷり♪だよ。

タクシーに乗っても、
面倒な値段交渉もなく
ちゃんとメーター表示されて
しかも、安い!
10~15分乗っても、せいぜい200~300円程度。
ドライバーもホスピタリティを持っているから、
気分良く、毎回、利用できるの。
(これって、アフリカ大陸では有り得ない、貴重な体験!笑)

そして昨日は、
アフリカ縦断達成のご褒美!で、
丸一日、レンタカーを借りて、
ケープタウン観光をしてきました。

ナイロビで知り合い、モシ(キリマンジャロの町)で再会し、
更に、ザンビアで再再会してから、ケープタウンまで一緒に移動してきた、
S夫妻と4人で、レンタカーを乗り回し、
一日中、大はしゃぎで遊びまわってきたョ!

ちょっとちょっと、
見てくださいよ、この海の美しさ!!
DSCF5215.jpg
海に囲まれているケープタウンでは、
ちょっと車を走らせれば、
こんな素敵な景色を気軽に見る事ができちゃうのだ。
すごいでしょー。



ちなみにこのBouldersビーチは、
ペンギン村になっているんですよ。
DSCF5223.jpg
DSCF5239.jpg
人間達に平和を守られつつ、
こんなに美しいビーチで暮らしている
ペンギンたち、、、幸せモノだなぁ。



そして!
ついに、来ましたよ、
アフリカ最南端!
こちらが、喜望峰でありまーす。
DSCF5300.jpg

DSCF5288.jpg
おぉぉぉ~~~。
これが、これまでワタシ達が目指してきた
「喜望峰」なのねっ ( ;∀;)!
なんと、気持ちのいい場所でしょう!
こりゃあ、これまでの苦労が報われる瞬間だったね。



夕方からは、街へ戻って、
ウォーターフロントの小洒落たエリアへ。
DSCF5314.jpg
お台場と横浜を足して、×2倍したくらいのオシャレエリア(?)
ここも、「アフリカ」なんだねぇ…。


今日は、アフリカ縦断のご褒美!ですから。
こんな、小洒落たとこで、
シーフードなんて、食べちゃうわょん (*゚ー゚*)♪

DSCF5323.jpg
海老1kg入ったこのプレートで、たったのR99!(≒¥1300)

ムール貝のガーリッククリーム煮と、
イカフライに、ビールも飲んで…
ふぅ~~~。大満足ぅ~~ (*´ο`*)=3

超、旨かったぁー!
ウォーターフロントのこんな場所で、
たらふくシーフード食べて、
なんと、1人たったの1000円だった!
ほらね?
ケープタウンって、とってもお得でしょ??
(ドル安の影響もあるけど、ね)

  【上記のお店情報】
   「Quay 4」という名のシーフード店。
   ウォーターフロント地区にあり、その名の通り、Quay 4にある。
   2階は高級なメニューになっていて、
   その1階では、カジュアルメニューが用意されている。
   (ワタシ達はもちろん、階段を上っていません)
   夜はLIVE演奏もあり。
   地球の歩き方にも掲載されていた。
   うちらは、あまりにも気に入って2回も行ってしまったョ。


食後には、ハーゲンダッツ(!!)の
アイスクリームまで食べちゃったもんね (*゚ー゚*)v

さてさて。
空の色もだいぶ暗くなってきまして。
ワタシ達はもう一箇所、
行きたい所があったんです。




















DSCF5330.jpg
ジャジャーン!
ケープタウンの夜景スポット。
夜になるとかなり冷え込んできて、
空気も澄んでくるので、
夜景が一層クリアに見えます。
車がないとちょっと厳しいけれど、
SIGNAL HILL オススメですョ。


『ご褒美』と呼ぶにふさわしい、
パーフェクトな楽しい1日で、
朝から晩まで、
はしゃぎっぱなし!の4人でした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ココに来るまでは、
【南アフリカ=アパルトヘイト】 と、
ネガティブなイメージしか持っていなかったんだけど、
ケープタウン、気に入っちゃったなー♪
住みたい位だなー。

もし、今アフリカ縦断中の旅人が
このページを見ているならば。。。
ぜひとも、「頑張れ!」と伝えたいわ。
その先には、ケープタウンという、
素晴らしい楽園が待っているから!と。

あ。
でも、もし、その旅人がアフリカを北上していたら、
おそらく、ゴールはエジプトですねぇ。。。。
そ、それは、どうも、、、お疲れ様です(-_-;)





テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。