世界一周の旅★CANO'S DIARY

3年間に及ぶ、世界一周の旅。世界各国から放浪の記録をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅人の強い味方!

ここ数年の間に、
『飛行機』の運賃がグゥーンと安くなり、
ものすごく身近な存在になりました。

え?そぉ???と、
首をかしげたくなる人も多いかと思いますが、
…というのは、日本以外の、海外でのお話。

海外では、『格安航空会社』という
新しいタイプの航空会社がバンバン誕生しています。
(日本でも一時、流行りかけたのですが…
どうやら失敗しているようですょね??)

ワタシには、『格安航空会社』
詳しい定義づけ等は分かりませんが、
これらの新種各社は、
これまでの(いわば)正規航空会社とは違い、
過剰サービスや人件費を削減する代わりに、
格安で航空券を提供しています。
薄利多売式、といったとこなんでしょうかね。

ヨーロッパ、中東、東南アジアでは、
『格安航空会社』の生き残り合戦が熾烈になっています。
それはつまり、利用者にとっては、
信じられないような格安チケットを
入手しやすくなっている!状況というわけです。

『格安航空会社』の利便性の高さの一番の理由は、
ネットで簡単に比較検討することができて、
ネットで簡単に予約ができてしまうこと。

ワタシたちの旅でも、
これまで何度か利用しています。
例えば、
ヨーロッパ系の『格安航空会社』の利用で、
マラケシュ(モロッコ)→ロンドン(イギリス)まで3900円!とか、
ロンドン(イギリス)→イスタンブール(トルコ)まで5000円!とか。
バスを利用するよりも、よっぽど安いことが多いのです。
(特別セールなんていうチケットにでくわせば、
数百円!というタダ同然の料金で利用することもできる!)

その代わり、利用する飛行場がへんぴな場所にあることも多いし、
正規航空会社が提供してくれるような、
飲食のサービスは当然カット!
背もたれの薄い座席に詰め込まれて、
荷物のように運ばれる…といった感じ。

ヨーロッパのEasy Jetという会社を利用した時は、
本当に驚いた。

スチュワーデス的役割をする人たちは、
まるで清掃員のような作業着を着た、
むっつりしかめ面のおばさんで、
でっかいポリ袋を持って、
乗客の間を練り歩いてゴミを回収していた。

まぁ、所詮、スチュワーデスの仕事なんて、
こういう形でも十分コトは足りるわけだけど…。
なんつーか、、、味気なさ過ぎるなぁと
酸っぱい気分になったのを覚えています。

だからといって、
高い正規航空会社を利用しよう!と思うはずもなく、
やはり『安い!』っていう魅力には、
問答無用で、なびいてしまいます。(笑)

そして、東南アジアで、
一番成功している格安航空会社といえば、
やはり『Air Asia』でしょう。

『Air Asia』の存在は、
遠く中東にいる頃から耳にしていました。
安いのはもちろんのこと、
路線、便数が多いので、とにかく便利!だと。

通常だったらバスを利用する距離でも、
『Air Asia』を利用した方が安いこともあるので、
とりあえずチェックしてみる価値あり!だと。

というわけで、アジアに来て以来、
コトあるごとに『Air Asia』のホームページを開いては、
安い路線はないか?とチェックを入れていました。

そして、いよいよワタシたちにも、
チャンス到来です!

ちょっと、まどろっこしい事情なのですが…
旅の最終目的地インドネシアへ行くにあたり、
ワタシ達は、ビザ問題を抱えていました。

インドネシアは広い!
旅も最後だし、できれば3~4ヶ月は、のんびり旅して回りたい!
と思っていたのです。

ところが、インドネシアの観光ビザ
たったの1ヶ月!(入国時に発給されるもの。)
国内での更新は不可!

ビザ問題をクリアするためには、
ビザ切れの度に、一度インドネシアを出国して、
他の近国へ渡り、インドネシアに再入国して、
もう一度入国時の1ヶ月ビザをもらう、
という方法しかないか…と諦めかけていた矢先。

バンコクのインドネシア大使館で、
2ヶ月観光ビザが取れる!!ということが判明
その取得の際に必要になのが、
『インドネシア行きの航空券』ということでした。
 
   正確には、
    ●パスポート
    ●証明写真2枚
    ●インドネシアへの往復航空券の証明 が必要になります。
    ◎費用はUS45ドル
    ◎取得日数は3日
    ◎即日発給にはB500の追加料金


    ※ちなみに、バンコク以外に、
     マレーシアのペナン島でも取得可能ということが
     後日判明しました。


そこで、本腰を入れて、格安チケット探し!!
やはり『Air Asia』でしたね。
マレーシアのクアラルンプールから、
インドネシアのスマトラ島(メダン)まで、
1900円というプロモーション物件を発見。
Taxもろもろを入れても、
1人2500円だって♪
安いねぇ~♪と、
即、購入。

10月14日に、
インドネシア、スマトラ島に飛ぶことが決まった。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

無事、インドネシアの2ヶ月ビザも入手して、
初の『Air Asia』利用だぁ~♪なんて
浮かれていた9月30日。

スマトラ島のパダン沖で、
大地震のニュースが…( ̄ロ ̄;)!

これには、本気で焦ったねぇ~。
というのも…。
タイにいる時から、
『早くインドネシアへ行きたい!!!』
という気持ちが強かったワタシ達は、一時、
バンコクからすぐにでもインドネシアに飛んでしまおうか!と
考えていたから。

結果的には、
ビザ問題やら、友達との再会があったり、と
もろもろの事情で10月14日に決めたわけだけど。
状況によっては、
9月中にスマトラ島へ飛んでいてもおかしくはなかったのです。
ジャワ島まで、バスで移動するつもりでいたから、
そうなれば、中継地点であるパダンにも
当然、寄っていたわけで…(;・∀・)

いやいやいや…。
今回ばっかりは、自分らの強運を改めて実感。
そして、感謝。

ムンバイのテロ事件の時も驚いたけどさー。
パキスタンのペシャワルの時も驚いたけどさー。
中国のウルムチの暴動の時も驚いたけどさー。

あれらは、すべて、
自分達が通り過ぎた後の事件だったから、、、
『あーよかった!』と、あっさりした気分でいられたけど。

今回は、これから行こうとしている矢先の出来事だっただけに、、
生々しく…嫌な汗をかきましたよ。

とにかく、よかった。。。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

その後、現地の情報を色々とかき集めてみたところ、
地震による被害は、パダン周辺のみ、ということ。

スマトラ島って、
日本列島よりも大きな面積を持つ島だし、
その他の都市では、なんの支障も出ていないようだ。

それらのことを確認した上で、
予定通り10月14日に
スマトラ島のメダンへ飛ぶことにした。

(その代わり、スマトラ島を陸路で移動する…
というプランは、難しくなってしまったけれども。)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

初の『Air Asia』の利用には
色々感心したよ~。

クアラルンプールには、
エアアジア専用の空港があって、
その空港がまた洗練されてる雰囲気で立派。
(空港が遠い代わりに、安いシャトルバスがKL市内からバンバン出てるし!)
P1160023.jpg

チェックインカウンターの人も
上品に愛想よく対応してくれるし、
真っ赤な制服を着たスチュワーデスさんたちが
笑顔で働いているし。
P1160033a.jpg

座席の狭さ等は仕方ないにしても…
ヨーロッパでのサービスよりも、格段に上!

さすが、勝ち組企業は違いますなぁ~!
今後も、度々お世話になりそうです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

と、まぁ、
スマトラ島行きについては、
いろいろあったわけですが。

無事、やってきましたスマトラ島!!
DSCF2603.jpg
スマトラ島の玄関口【メダン】の街。

インドネシアの人たちは、
都会的になってしまったタイやマレーシアの人達とは、
全~然雰囲気が違って、めっちゃ優しい。
素朴さを失っていない彼らに出会い、
到着してすぐに、
『あー。来てよかった!』と思ってしまった。

メダンに到着したその日、
ワタシ達が向かったのは、
オランウータンが生息するジャングルのある村、
【ブキッ・ラワン】

次回は、
ブキッ・ラワン からの報告でーす!
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

タビの優秀アイテム 第二弾  

今から約5ヵ月前。
イエメンの首都サナアで、見つけて、購入↓↓↓
DSCF6333.jpg
これ、何だと思います?
正解は…












電器釜!

中国製。
直径約12センチ。
結構、軽い。
約500円。
もちろん温度調整などはできないし、
それどころか、スウィッチボタンすらない…
【電源入=コンセント刺す】という、いたってシンプルな作り。
いまだかつて、イエメンでしか見た事がないレアな商品です。

タビに「電器釜」持ち歩く…って、どうなの!?
と、思うでしょ?(笑)
たしかに。
ワタシもそう思ったの。
実際、かなり迷ったの。

でもさー、
通常なら、キッチンがないと炊けないお米が、
これがあれば、コンセントさえあれば、
どこでも炊けるでしょ。
(日本にいると、ピンとこないかもしれませんが、
海外をタビしてると、電器釜自体が存在しません。
お米を炊く時は、常にガスコンロで、鍋で、炊くんですヨ。)

つまり。
これさえあれば、
キッチンのない宿でも、お部屋の中で、
お米が炊けちゃうわけですよ!

地味~な話ですが…
実は、これって、
タビ人にとって、かなり画期的!

お米だけじゃないよ!
野菜だって茹でられるし、
ゆで卵も作れるし、
ラーメンもスープも作れる!

でもねぇ~。
ただでさえ、荷物の多いワタシ達。
これ以上、荷物を増やすのはツライなぁ~~~と、
イエメンにいる間中、
コイツを買うか、買わないか、、、と
迷っていたんですよ。
んが!
ごはんがマズイという噂の、
次のアフリカ旅に備えて、
結局、買うことにしたっていうわけです。

その結果……超・大・活・躍!!
世界中、どこへ行っても、
たいてい “お米” は売っているもので。
この5ヵ月間、か~なり使いまくっています。

アフリカは本当に、食事が合わなくてさ。
食べられるモノがなくて、
日に日に弱っていく…というような状況だったので、
コイツには本当に助けられましたよ。
たとえ、【ふりかけごはんとスープとゆで卵】、だけでも、
食べられるのと、食べられないのじゃ、
全然違いますからね。

また、コイツは、優秀なことに、
ちゃ~んとふっくら!としたごはんが炊けるんですわ。
(人´∀`)♪

エチオピア、タンザニアあたりじゃ、
毎日コソコソと、共同洗面所で
お米をといでいたね。
(コレ、かなり電気を食うらしく、宿の人に見つかると、
たいてい「使わないでくれ」と言われてしまう。)

インドに来た今、アフリカの時のように、
食生活に困る事はないんですが。
毎日毎日、カレーしか食べられない!というのも、
やっぱり、、、ね。

というわけで、今も、
時々は、部屋でお米を炊いて食べています♪

昨日も食べたばかり、の
最近のお気に入りメニューは、こちら!
DSCF6331.jpg
オクラ丼でーす。

オクラは意外と、どこの国でも売っている。
湯通ししたオクラを細切りにして、
ダシと醤油でまぜまぜまぜ…
トマトと玉ねぎのみじん切りに塩をまぶして、
付け合わせにすると、さっぱりしてウマイのだー♪
この上に、目玉焼きを乗せられると、さらにウマイのよん。
canoでもできる!超簡単オススメメニューでーす。

  ※ 【タビの優秀アイテム 第一弾】 が気になる方は、こちらへ。





テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

優秀☆タビアイテム発表!

コパカパーナに軟禁されたまま、退屈なので。
今日は、いつもとはちょっと違ったネタでいってみまーす。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*

日本を旅立ってから、早4ヵ月半が経ちました。
自分たちなりの【タビのスタイル】
だいぶ出来上がってきた気がします。

タビのスタイルと言っても
そんなたいしたことぢゃないけどさ。
たとえば、
おれらは旅人の中でもかなり荷物の多い方。
(特にtomoちゃん)

タビの荷物は少なければ少ないほど、
達人っぽくてカッコイイなぁ~とは思うけど。。。

でもね、おれらには
「無くてもタビは出来るけど、、、あるとかなり快適グッズ!」が
沢山あるんだよね~。(←自慢気に。)

「タビ生活をしていても
できるだけ快適に暮らしたい!」
今日はそんな欲張りな旅人の、
自慢タビアイテムをご紹介しまーす(^□^)

【第10位】 電熱コイル
P1260186.jpg

これは旅人の間では結構メジャーなアイテムです。
電気ですぐにお湯が沸いちゃうので、超便利。
水の入ったコップに、これを入れるだけ。
コップ一杯ならほんの数十秒で熱湯に早変わり!
コンセントさえあれば、どこでもアツアツのお茶が飲めます。
ちなみにコレはメキシコにて250円位で購入。

【第9位】 USB
P1260197.jpg

ネットカフェでインターネットをする時に便利。
これを使いこなすことで、ネットカフェでの作業時間の短縮にもなり、
ネットカフェ料金も節約できます。
また、自分のパソコンの【お気に入り】をUSBに保存しておけば、
ネットカフェでもすぐに気になるサイトをチェックできます。

【第8位】 コーヒー入れる用のバネ
P1260185.jpg

これキャンプ用品で見つけたんですが、
めっちゃ小さくて便利。
外でコーヒーを飲むと高いのにおいしくなかったり。
ひどい時はお湯の入ったカップに、
インスタントコーヒーの瓶をドン!と出されたりするんです(TωT)
これさえあれば、コーヒー豆を買ってきて、
自分たちで美味しいコーヒーを入れられるので、超お気に入り!
他の旅人たちにも羨ましがられる一品です。

P1260184.jpg
こーやって使うわけ♪


【第7位】 バス移動用枕
P1260199.jpg

これはもう10年近く愛用しているタビアイテム。
長距離移動では欠かせません。
これがあると首が痛くならずに、
夜行バスでもバッチリ熟睡できちゃうのだ。
快適に使うコツは、
空気をパンパンに入れすぎないこと!
若干緩めの方が、首が疲れません。

【第6位】 mont-bellのジャケット
P1260181.jpg

これも超優秀!
一見、軽くて薄いので頼りなさげに見えるけど、
実際に着てみるとすんごくあったかい!
しかも、たたむとこんなにコンパクトになってしまうのだ。

P1260182.jpg


【第5位】 ランコム日焼け止め「UV EXPERT DNA SHIELD」
P1260200.jpg

日本よりもはるかに日差しの強い国々を旅しているけれど、
顔が日焼けしていないのは、コイツのお陰 (*^-゚)v♪
日焼け止め選びってすごーく難しいけれど、
これは皮膜感がほとんどなく、
白っぽくならず、べとつかず、
しかもしっかり日焼けを防いでくれるので
ものすごく頼りになります。
海外で手に入りやすいっていう点も、ポイント高い!

【第4位】 化粧水「サッファ」
P1260515.jpg

三十路をとうに過ぎてるお肌には
たとえタビの最中であろうとも手抜きはキンモツ。
タビは一時のもんだけど、
お肌とは一生のお付き合いですから、ね。
とはいっても…日本にいる時のように
お金と手間をかける余裕はない。
だもんで、日本にいる間から、
化粧水選びにはものすごい労力をかけました。
んで、ワタシに選び抜かれた一品がコレ!
これは作った人に感謝状を贈りたいほど優秀なんですわ。
コレ1つで化粧水・乳液・美容液の役割を果たしてくれるんです。
毎日洗濯物が2~3時間で乾いてしまう、
脅威の乾燥地エクアドル・キトでは
手も足もお腹まで!カサカサになっちゃって、
肌の乾燥に悩まされていたのですが、
これを使用していた顔だけは、まったくの乾燥しらず!
楽チンな上に、いつもプルプルに潤ってまーす♪

【第3位】 寝袋
P1260204.jpg

ワタシらは、ものすごい寒がりなんです。
tomoちゃんなんて、男のくせにすごい冷え性だし!(笑)
そんなワタシたちにとって、
これはもう、本当に手放せないアイテムです。
夜行バスは夜中すごく冷えることが多いので、
必ずこれを持ち込みます。
安宿では部屋の中まで寒いこともしばしば。
そんな時もこれにくるまっていればあったか~い。
ものすごくあったかいのに、
ものすごく軽くて薄くて小さく収納できちゃう、
ホントに優秀なやつです。
P1260201.jpg

P1260203.jpg



【第2位】 折りたためるバケツ
P1260192.jpg

P1260194.jpg

これは、持ってる旅人いないよ~!(笑)
中南米の安宿では、洗濯機がないのが当たり前。
いつも洗濯は手洗いです。
洗面台も水を貯められなかったり、
汚かったりすることが多いので、
このバケツが大活躍。
ワタシたちはまず宿に着くと
すぐにこのバケツを出して
洗濯したい服をぶっこみ、
つけ起きしておくんです。
つけ起きができるだけで、
洗濯もだいぶ楽になります♪
日本のつり道具屋さんで見つけました。

【第1位】 変圧器内蔵型ドライヤー
P1260189.jpg

バックパッカーがドライヤー!?!?と
非難を受けそうですが…(笑)
コレは、正直、持ってくるかこないかで相当悩みました。
んが! 持ってきて大正解!!
前述した通り、ワタシたちはものすごい寒がり。
中・南米はイメージと違って、
寒い土地が多い!(特にこの時期 ~7,8月~)
朝晩は日本の12月位の寒さになる所が多い。
風呂上りにドライヤーがなかったら…(((゙◇゙)))サムスギル!…でしょお??
そんなの毎日、絶対に耐えられないわ!

しかも洗濯物を乾かしたり、
思わぬ雨で濡れちゃった靴を乾かすこともできるし、
すごく寒い時にはドライヤーで
部屋をあっためることもできるのですゎ!
軽いのにパワフルで、変圧器内臓だし。
P1260191.jpg
しかも超コンパクト!

ドンキで3000円位で買ったような記憶があるけど、
ものすごく優秀!!
文句なしの第1位だぃ!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。